Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Mariah Covers Playboy
Playboy Magazineの表紙を飾ったMariah Carey

20070131234844.jpg


もしこれが現在の本当の姿であれば、だいぶ絞ったと思うのですが・・・やっぱ若干、ウェスト修正してるでしょうか?

表紙に書いてありますが、「もっともセクシーなスター」ということで、スカーレット・ヨハンソンの名が。
うーん。私には理解不能(笑)。

TOP
【訂正あり】 Kirk Franklin's "September"
【訂正】
大変失礼いたしました。
"Interpretations: Celebrating The Music Of Earth, Wind & Fire"は、カーク個人のアルバムではなく、多くのミュージシャンが参加する、アースへのトリビュート盤だそうです。記事を訂正いたしました。

KirkFranklin.jpg

2007年春にリリース予定のEarth,Wind & Fireのトリビュート・アルバム "Interpretations: Celebrating The Music Of Earth, Wind & Fire"に、Kirk Franklinが参加することになりました。

曲は"September"
彼のマイスペで試聴できます。

Kirk Franklin's Official My Space


"So just remember
The next time you feel like December
Remember that night in September
When God wiped all your tears away!"
--- lyrics by Kirk Franklin


20070118131837.jpg


TOP
映画 「Block Party」
これは、音楽のカテゴリーにしちゃいます。
本日、映画館に見に行ってきましたが・・・最高!

Dave Chappelle's Block Partyです。

block-party-dave-chappelle-s.jpg



【概要】
NY・ブルックリンの街角で、一夜限りのシークレットライブ『DAVE CHAPPELLE’S BLOCK PARTY』が開催された。
米のスタンダップコメディアン、デイヴ・シャペルが、今の成功を地元の人々に還元したいという思いで発案。ブラック・ミュージック界のトップアーティストらがシャペルの主旨に賛同し、歴史に残る伝説的な路上ライブを決行した。
カニエ・ウェストをはじめ、モス・デフ、デッド・プレズ、コモン、エリカ・バドゥ、ジル・スコットなどが奇跡の競演を見せる。そして、大きな話題を呼んだのが、解散後7年目にして奇跡的に再結成したフージーズのパフォーマンス。

20070117011203.jpg


【感想】
映画館で、ひとりで見てるのに爆笑してしまった私(笑)。
最高のミュージシャン達のライブも楽しかったけど、やっぱデイブ・チャペルのジョークがスパイスになっていたと思います。彼、面白すぎ!

正直言いますと、フージーズには何の思い入れもないんです(^^;)。
ローリン・ヒルのファンの方には申し訳ないのですが。。。
ぶっちゃけ彼女の歌よりも、ジルやエリカの歌よりも、ラッパーの方がめちゃくちゃ良かった!

実は、今回集まったミュージシャンの中に特にファンだった人っていなかったんです。いわゆる「ルーツ・ファミリー」という感じのコンシャスな人達で、何といいますか、気難しいというか、若干お高い印象で・・・。

カニエにしても、コモンにしても、ルーツにしても、一枚ずつアルバムを聴いたくらい。
モス・デフ、タリブ・クエリに関しては、ほとんど知識なし。

でもやっぱ、ライブの様子を見ると、違いますよねー!
レコードでもビートボックスでもなく、The Rootsの生演奏をバックにラップする豪華さと、彼らの実力を思い知らされました。

出演ラッパーはみんな素晴らしくて、コモンもモス・デフも良かったし、タリブ・クエリの渋い声も素敵♪って思ったのですが・・・
特にすごい!と思ったのが、Dead Prez。マジ、感動なんですが。
タイトなフロウ、歌詞の過激さとメッセージ性。最高です!!

Block Party- Dead Prez 'HopHop'


彼らの情報、求む!
お勧めアルバム等ありましたら、ぜひ教えてくださいまし。



それと、ラッパーとして最高峰のスキルだと個人的に思うのは、Black Thought
Big Daddy Kaneとの共演曲が、すごーく良かった。

映画とは関係ないけど、彼のフリースタイル。
途切れることのないライミング。凄すぎです。
恐らく、Jin君も彼には負けるでしょう。と思うくらい。

Black Thought Freestyle



TOP
Kool & the Gang
久々にレンタル店のCDコーナーに行ったら、ずーっと聴きたいと思っていたアルバムを見つけました。
2004年に発売された、Kool & the Gangの2枚組トリビュート盤。
結成40周年・初レコーディングから35周年を記念して作られたそうですね。

クール&ザ・ギャング・ウィズ・スーパースターズ~ザ・ミュージック・オデッセイ クール&ザ・ギャング・ウィズ・スーパースターズ~ザ・ミュージック・オデッセイ
オムニバス、クール&ザ・ギャング・フィーチャリング・ビヴァリー・ナイト 他 (2004/04/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


豪華メンバーが参加・・・ということで、確かにジャミロクワイやユッスー・ンドゥール、アシャンティ、ショーン・ポール、ブラックストリートなどの名だたる面々もいるわけなんですが・・・正直、全く知らないUKのポップ・アーティストもチラホラ。
UKで企画されたアルバムなの、これ?

とは言え、何せ原曲がめちゃくちゃ良いから、何を聴いても楽しめますね。80年代のものを中心にセレクトしてあるから、私の世代にとっては耳馴染みのある曲ばかり。

個人的に良かったのは、Blue & Lil Kimによる"Get Down On It"。




ポップでキャッチーなファンクのオンパレードなので、Kool & the Gangファンにとっても、彼らを知らない世代にとっても、聴いて損はないアルバムかなと思います。
ただ、私はやっぱ、80年代の黄金期を支えたJames JT Taylorのヴォーカルが大好きですけどね(^_^)。


それと、先日見た彼らのライブ映像がこちら。

ライヴ・フロム・ハウス・オブ・ブルース ライヴ・フロム・ハウス・オブ・ブルース
クール&ザ・ギャング (2004/09/01)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


【概要】
世界的に有名なシカゴのライブハウス「House Of Blues」にて、2000年に収録。
30年分のヒット曲を一挙公開!「Celebration」「Open Sesame」「Ladies Night」「Get Down On It」「Let The Music Take Your Mind」等、誰もが知っている名曲オンパレード。

kool1.jpg


もう、最高に楽しいライブでした!!
オリジナル・メンバー5人も、いまだ元気にステップ踏んじゃってるし。
前半はインスト物ばっかりなんですが、演奏のクオリティが高いし、カッコ良いし、楽しめますよ。
後半からヴォーカル物のヒット曲が始まります。
現在のメイン・ヴォーカリストは、SHAWN McQUILLERという、金髪の人。彼の声もなかなか良いし、彼らの曲に合ってると思います~。

20070106220844.jpgけど、個人的に注目したのは、この人!!
Skip Martinという方です。

彼は、このライブの中では「トランペット担当」なんですが、実はJTテイラーがソロとして独立した後に、「メイン・ヴォーカル」を務めた人でもあるらしいですね。

私はよく知らないのですが、グラミー受賞グループThe Dazz Bandの元メンバーらしいです。

ラッパ吹きでありながら、いきなりバックで歌っちゃったり、たまにパーカッションをやったり。

何せ、ルックスが良い! 
ハンサム・長身・マッチョでございます(>_<)。

こりゃ、私の色男リストに間違いなく入ります(笑)。


↓の映像の、向かって右側のエンジ色のTシャツを着てるのが、彼。
最初はラッパですが、途中で真ん中に来て、トライアングルとかやってます。
カッコいいっしょ?(笑)

Kool and the Gang "Summer Madness" live at House of Blues



Skipがヴォーカルをやっていた時代のKool & The Gangの映像も載せちゃいましょう。この頃は、リアルタイムでは聴いてませんでしたので、私も初めて見る映像です。

"Kool & the Gang "Raindrops"



Kool & the Gang "Never Give UP"


やっぱ、いいよねー!!

よく考えたら、1992年か93年のKool & the Gangのライブを見てるんだった。この当時のボーカルがSkipだったんだろうか?そういう情報は追ってなかったので、わかんないけど(>_<)。

TOP
Keith Sweat Can Make Me W*t

20070104201254.jpg

先日のjamz_flavaさんのこちらの記事(←貴重なキースの生歌映像がありますので、エビバディチェック!!)に触発されて、Keith Sweatビデオ特集を勝手にやってしまうことにしました(笑)。

当時は、彼のビデオを見る機会がなかったので、音源だけ聴いてました。だから映像に関しては、全部後追い。いろいろ見たんだけど、やはり"Twisted""Nobody"がたくさんアップされてますね。

個人的に、「いちばん印象に残ったビデオ」はこちら。
Keithの腰振りが最高です! 
Yeah, keep shaking your ass like that, baby!!な感じで。
(エログか、ここは?笑)

Keith Sweat "Don't Stop Your Love"



そしてこちらが、LSGとしての曲。
実は、LSG名義のアルバムはまだ聴いてないんです(^^;)。
今日注文したので、今から楽しみ!!
それにしても、Gerald Levert、Johnny Gill、Keith Sweatがタッグを組んだなんて、本当に豪華ですよね。落ち着いた色彩のビデオも素敵。

LSG "My Body"



そして、私の「No.1ソング」はこちら。
Keithの曲は、どれもソウルフルでSweet & Sexyなんですが、この曲での彼の歌い方がいちばん大好きです。

Keith Sweat "Merry Go Round"



切ない曲もたくさんあるけど、この曲も最高。 How Sweet!!
昔の彼女に偶然出会って、電話番号を渡したけど・・・みたいな。

Keith Sweat "I'll Give All My Love To You"



こうやって改めてビデオを見てみると、キースってお洒落さんですよね。
さすがに、80年代バリバリの原色服にはちょっと笑っちゃうけど(笑)。
Keep It Comingとか、Make You Sweatとか。もちろん、曲は大好きだけど。)

そんな中で、クラシックなスーツで決めてる彼も素敵だなと。

Keith Sweat "Just A Touch"


最後にキース近況。

現在の彼は、アトランタ郊外のナイトクラブ経営で成功を収め、同じくアトランタにてホテル経営も始めたという噂。
しかし、実際には彼が言っている「Hotel S」という名前のホテルがアトランタ内には存在しないため、新しいアルバム(Welcome to The Sweat Hotel)のプロモーションではないかという憶測もあり。

このアルバムも、結局は延期延期で、まだ発売されていない模様。
最近出したクリスマス・アルバムについてはitunesにて購入可能。
jamzさん、情報ありがとー!!



ビジネスも良いけど、やっぱもっと歌って欲しいですよね。
プロデュース力もある人だし、バリバリ現役でいて欲しいな。
一時期、My Spaceでウォッチしてたんですが、どうも気難しいっぽくて。自分をディスした女の子を血祭りにあげたりとか(笑)。
頼むよー、キース。才能あるんだから!
TOP
Mariah Carey "America The Beautiful"
皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の目標・・・と言えるようなものは特にないのですが、今までと同様、気になったアーティストや映画のご紹介していきたいと思っています。特に「色男発見」(!)にはこれまで以上に力を入れたかったりします(笑)。

さて、新年一発目の記事は、私にとってNo.1の女性歌手、Mariah Carey
新しい話題ではありませんが、同じ歌を歌っているふたつの動画を。

まずは、彼女の初めてのテレビ出演となったNBAファイナルでの歌。
いきなりの超ハイトーン部分に、NBAの選手も驚愕してます。
これをきっかけにブレイクしたらしいですねー。

Mariah Carey "America The Beautiful" 1990年


デビューを飾るのに相応しい、素晴らしい歌声だと思います!


けど、同じ歌を昨年歌ったこの映像↓は、さらに素晴らしい。
7月4日、アメリカ独立記念日の歌声です。
経験とともに艶の増した声。円熟ですねー。ボディもですが。

Mariah Carey "America The Beautiful" 2006年



マライアに次いで大好きなDiva、Whitney Houstonの動画も。スーパーボウルでのアメリカ国家斉唱の模様です。
Bobby Brownとの離婚が成立し、本格的復帰に向けて準備中とか。
2007年は、また彼女のパワフルな歌声を聴くことができるでしょうか?

Whitney Houston "Star Spangled Banner" 1991 at SuperBowl


TOP
Gangsta Lovin'
20061223100346.jpgみなさま、お久しぶりでございます!!
お元気でしたか?

Merry Christmas to You!!

ブログをサボりまくっていた私が何をやっていたかといいますと・・・ソウル・コーラスのクリスマス・コンサートに向けて、手一杯でした。
というのも、1曲「リード」を歌ったから。
これがもう、本当に悩んじゃって。
ソロで歌うのと、コーラスと掛け合うリードって、全く違うんだ・・・思い知った出来事でした。

でも、メンバーのみんなに助けられ、励まされ、何とか無事に終わりました(*^_^*)。
リハでは、勝手に歌う順番を変えた私ともう一人の女の子に怒った先生が、普段は使わないカースワーズ連発してましたが(^^;)。お疲れだったとは思うけど、あんまりBu**s*itとか言わないでくださいね(笑)。

さて、そのリード曲(The Temptationsの歌)に備え(?)、古いソウルばっか聴いてた私ですが、終わった今、いちばん聴きたい音楽は何か??


それは、「G」です!Gangstaなファンクです。
このメンツとか、やっぱ最高!!昨日もまた「アップインスモーク」見ちゃった(笑)。


dresnoopcube.jpg



それこそNi**a、Fu*k B*chの連発ですが、ラップに乗せて聴くなら、これほど心地よいものはないのよ~。

結局、ここに帰ってきちゃうのね・・・な私の定番ソングはこちら。

Dr. Dreの名曲です。



ビバ!imeem! 
手持ちの音源をアップしてみんなに聴いてもらえるという、超優れものです。私がブログをお休みしていた間に、急速に普及しているみたいですね。You Tubeも良いけど、音源だけの方がお手軽のような気もします。
教えてくれたTETSUさんに感謝!!

さて、この曲の「Let me ride~♪」の部分の元ネタは、ParliamentのMothership Connection。
オリジナルも最高ですよね。





そしてまた、このアルバムを取り出して聴いてます。
The Hard Way The Hard Way
213 (2004/08/17)
TVT

この商品の詳細を見る


それも、この曲↓ばかり阿呆のようにリピート。
Nateの声って、なんでこんなにCOOLなのかしら。




ということで、またちょこちょこ思いつくままに更新していきます。
相変わらず、新譜からは遠ざかってますので、最新情報を提供できる機会は少なくなると思いますが(^^;)。
私のブログを忘れずに見に来てくださっていた方、本当にありがとうございます(^_^)。
みなさんのブログ巡回も、徐々に再開していきたいな。
(ホントに、その気力もないほどいっぱいいっぱいだったので:笑)

Hope you guys have wonderful holidays!!




TOP
Eric Benet
歌手・ブルー・カントレルさんを連れてパーティーに現れたEric Benet

ericblu_1.jpg


カッコ良すぎ!(>_<)

でも、マイスペの方に載せてるのは、いつも娘さんの写真。
Indiaちゃんは、「世界でいちばん素敵なプリンセス」だそうで。
見るたびに美人になってるなあ(^^♪

20061121142622.jpg


TOP
Denzel & Jay-Z
Denzel WashingtonJay-Zのツーショット。ちょっと珍しいかも。

20061121141140.jpg

BETの人気番組、106&Parkに二人揃って出演したそうです。
こうやって並ぶと、デンゼルの色男ぶりが際立ちますね(笑)。

20061121141409.jpg



TOP
Tyrese "One"
Tyreseの新作ビデオ。
やっぱ彼は、こういう甘いバラードだよね。
ラッパー兼業しなくていいと思います。


Tyrese "One"




Ray JやMeagan Goodがカメオ出演してます。

・・・タイリース、今回は洋服着込み過ぎ(笑)。

Alter Ego Alter Ego
Tyrese (2006/12/12)
J-Records

この商品の詳細を見る

TOP
Joe "Where You At"
まだこのアルバム1枚しか聴いてないんですけど、好きなんですよ。

And Then... And Then...
Joe (2003/12/16)
Zomba

この商品の詳細を見る


Joeです。
っていうか、こういう単純な名前って、ネット検索するのが大変ですよね(^^;)。
Houstonとかもそうだったけど、わざわざ「R&B Singer」とか付けちゃったり。
本名はJoe Thomasさんだそうです。

まずはルックスが好き。ホントに大好き!!

joe1.jpg

上のAnd Thenのジャケットを見た長女が、
「うわっ。この人のくちびる、超分厚いんですけど。」と言うので、
「そこがいいんじゃないの!」と答えると、
「・・・わかった。優しそうな感じがするんでしょ。」

わかってますね、娘。
細面or卵型フェイスに、分厚い唇が私のストライクゾーン。
これは、日本人でも変わらずです。

あとはやっぱ声ですねー。
CDの解説に「R.Kellyのライバル」みたいに書かれてたけど、そうなんですか? 
確かに声質は似てると思うけど、R氏ほど癖はないかな。
サラサラと流れるような温かみのある甘~い声。
HipHop系のトラックにもよく合いますよねー。

このビデオが凄く好き。

Joe "More and More"



こちらは、間もなく発売される(予定の)アルバムからのファースト・シングル。

Joe "Where You At"


アルバム・タイトルは、Joe Who? Joe Thomasと決まっているようですが、ジャケット・ワークは探せませんでした。
新作のトラックリストはこんな感じみたいです。

Get To Know Me (Featuring Nas)
Keep Your Cool (Featuring Chamillionaire & Jermaine Dupri)
Just Relax (Featuring Dre)
Should I Stay
Where You At (Featuring Papoose) First Single
Shorty
You & Me (Featuring Fabolous)
Watching You
Like Me (Featuring Young Buck & Tony Yayo)
Run It Back
Shame
What I Feel
My Love
Goodbye

公式サイトにもアルバムの詳細情報などは書いてないんですが、当初の予定よりも遅れるのかな?

過去のアルバムも聴かなくちゃ。
TOP
Michael Jackson to Perform "Thriller"
20061112024437.jpgポップの帝王ことMichael Jackson(48歳)が、久々に歌うことになりました。

11月15日にロンドンにて行われるWorld Music Awardsで「Diamond Award」の受賞が決まり、その際に、"Thriller"を披露するそうです。

1997年のイギリスでのパフォーマンス以来、実に9年ぶりだそうですが・・・そんなに長い間、ライブもやってなかったんだっけ?

私は80年代の彼の大ファンだし、いまだにベスト盤とかは聴いてるけど・・・現在の彼の写真を掲載するだけで、何だか悲しくなっちゃう。アンチじゃないのよ、ホントに。

でも、いくらスマスマとかに出ても、歌って踊ってないマイケルなんて、別に見るに値しないと思っちゃう。
やっぱ歌ってくれなくちゃ。ダンス見せてくれなくちゃ。

ロンドンでのパフォーマンスがどんな感じになるのか、かなり気になります。
さすがに全盛期よ再び・・・とは言わないけど、元気なところが見たいですよね。


Michael Jackson "Thriller"


やっぱこれ、最高傑作のビデオだと思う!


ということで、今日のBGMはこれ。
曲単位でいちばん好きなのは、Rock With YouとHuman Natureかなあ。

NUMBER ONES NUMBER ONES
マイケル・ジャクソン (2003/11/19)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

TOP
Jay-Z & Beyonce
Jay-ZBeyonce近影。

20061112022612.jpg


どんどん綺麗になっているビヨ嬢。
ほとんど奇跡なくらいの美しさですよね。


[続きを読む...]

TOP
Pharrell & Snoop
Pharrellのアルバムからの4枚目のシングルだそうです。

Pharrell ft. Snoop Dogg - That Girl



ま、ぶっちゃけそんな良い曲でもないかな(^^;)。
けど、この二人は本当に相性が良いと思います。
それと、ビデオに出てくるキーボード付きの携帯、欲しいんですよねー。
親指操作の苦手な私にとっては、すごく便利!!


そしてこちらは、Snoop Doggの新曲。
上の曲とタイトルが似てて、ちょっと紛らわしいんですけど(笑)。
R. Kellyが参加しています。

Snoop Dogg feat. R.Kelly - That's That



Snoopが使う写真って、大好きなんですよね。
ピンプな雰囲気のものもあれば、カジュアルな格好でローライダーを小道具に使っていたり。
特にルックスが好みなわけじゃないけど、やっぱ彼ってお洒落だと思う。

20061110103506.jpg

で、この車は借り物ではなく、スヌープ本人が所有している車だそうです。

20061110105510.jpg




Tha Blue Carpet Treatment Tha Blue Carpet Treatment
Snoop Dogg (2006/11/21)
Doggystyle/Geffen

この商品の詳細を見る



TOP
EMINEM & 50 Cent
EMINEMが、50 CentとともにVibe誌12月号の表紙を飾りました。

vibe_em50.jpg


インタビューも掲載されていて、エミネムと50は仕事以外でもかなり仲が良く、お互いの子どもが一緒に遊んでるそうです。あと、Dr.Dreの子も一緒に!
すごいね。ホームパーティとかやったりしてるんだろうか。

新作も、とってもカッコ良い!
今は、熱心にプライベート・ネタまで収集するほどの熱狂的ファンじゃないけど、こういうのを聴くと、初心に返ります。

"You Don't Know"
EMINEM feat. 50 Cent, Eminem, Cashis, & Lloyd Banks


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。