Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Jet Li インタビュー (次回作Rogueについて)
Jet Liが、次回作Rogueについてのインタビューを受けていましたので、翻訳してみました。どうやら、英語で受けたインタビューのようで、一部ブロークンな箇所があるため、意訳した箇所もあります(笑)。間違い等ありましたら、ご指摘くださいませ。

故・アリーヤについても語っていますので、お時間がありましたら、ぜひ読んでみてください(^^)。

ソース:joblo.com

***********************************************

俳優ジェット・リーは、映画の中では武術のマスターである。時に冷たい目線で相手を見据えることもある彼だが、現実のジェットは、紳士そのもの。仏教を信仰する彼は、映画のキャラクターとは全く反対の人物で、繊細で穏やかに話をする。まるでヒーリング・クラスの講師にでもなれそうな彼が、次回作「Rogue」では、アジアのギャングを演じる。

このインタビューでは、次回作のタイトル・キャラクター(暗殺者ローグ)を演じること、いわゆる「武術映画」と離れること、忙しいスケジュールの中で瞑想する時間をどうやって確保しているのか、などを語っている。


rogueset1.jpg




Q:次回作は、武術映画ではなくアクション映画ですね。この映画「ROGUE」はあなたにとって、これまでの作品とどう違うのでしょうか?

初めて演じるタイプの役柄です。現段階で、私はこの男が良いのか悪いのかわかりません。それは、映画を見た観客が、後で判断することだと思います。
何らかの理由で、ROGUEが非常に暴力的なキャラクターである、ということだけはわかりますが。

これまで、いろいろな役柄を演じましたが、多くは明らかに良い人間でした。香港映画では、警察官や中国マフィアなどの役柄もありましたが。この映画と武術映画では、かなり違いますね。

20060507015746.jpg最近、Fearlessという映画を撮りました。これは単なる武術映画ではなく、もっと哲学的で、武術をどのように使ったらいいのかを伝えています。暴力に使うのではなく、人々を助ける手段として武術を使う道があるのです。「武器」と同じですね。武器そのものに、善悪はありません。それを使う人間によって良くも悪くもなるんです。武術には、背景に文化というものがありますし。

そういった意味で、今回の映画は、武術映画ではないですね。アクション映画だと思います。

Q:あなた自身は、とても紳士的で哲学的なタイプに見えるのですが、ローグのように暴力的なキャラクターを演じるのは、どれくらい難しいのでしょうか?

かなり難しいですね。
でも私は俳優ですから、仕事としてやらなくてはなりません。
「リーサル・ウェポン4」でも、悪い男を演じましたし。

8年前に私は仏教徒になりまして、「暴力は唯一の解決方法ではない」といつも思ってきました。ダニー・ザ・ドッグやFearlessでは、そういった私の個人的な信念が伝えられていると思います。

それが突然、非常に暴力的な役柄になるわけですから、葛藤はありました。映画のセットに行くと、私は自分が「ジェット・リー」であることを忘れなくてはなりません。ローグの世界に入り込みます。そして家に帰ると、「こういうことをしているけど、この役柄は僕自身ではない」と思うわけです。

Q:ファイト・シーンを演じているときに、やり過ぎて実際に共演者を殴ってしまったことはありますか?

アクション映画を作っている人間が「誰も傷つけたことがない」というのは、絶対に嘘ですね(笑)。実際、ありますよ。ただ、アクション俳優が怪我をすれば、病院に行って手当てをしなくてはならないし、製作もストップしてしまいます。

Q:武術映画から離れて、アクションの才能を生かした映画を作るというのは、本当なのでしょうか?

私が言ったのは「FEARLESSが最後の武術映画になる」ということなんです。あの作品には、私の全てを注ぎ込みました。信念、精神力、もちろん体力的にも。全てがそこに詰まっているんです。
8歳から武術を習い始めて、映画の中でも、武術家の役を本当にたくさん演じてきました。そういった私の人生での経験を、FEARLESSに凝縮したんです。
中国語(漢字)で、武術というのは、「戦いを止める」と書くんです。争いをやめさせる手段が武術なんです。字が表す通りのことを映画で実現したので、武術映画としては、これが最後になりますね。

ですが、今回のROGUEのようなアクション映画は、今後も撮り続けるつもりです。

Q:前回あなたがバンクーバーにいたときは、ロミオ・マスト・ダイを撮っていましたよね。ROGUEという作品を撮るために、もう一度ここで仕事をするというのは、どんな感じでしょうか?

バンクーバーにはたくさんの思い出がありますね。
美しい町で、たくさんの人と一緒に仕事をしました。

20060507015854.jpg

しかし、何と言っても思い出すのがAaliyah (ロミオ・マスト・ダイでの共演者で、22歳のときに飛行機事故で亡くなった)です。彼女と共演したときの気持ちが、まだここにあるように感じます。数ヶ月一緒にいましたが、彼女は本当に才能のある女の子でした。ロケ地を通るとき、毎日のようにアリーヤのことを考えています。

Q:個人的に、やってみたい仕事などはありますか?

僕がやってみたいことには、誰も賛成しそうにないんです。だから今のところ出来ないことなんです。例えば、「ニューヨークのお坊さん」の映画とかね。実際、7年間この案を出し続けているのです。演技もせず、暴力もなく、スタジオに入ることもない映画の案をね。ところが、誰も関わりたがらないんです。
だから、自分で実現するしかありません。興行成績の良い映画を撮って、お金を貯めて、自分で作りたいと思いますよ。

Q:あなたの公式サイトを見ると、その多くが精神的なライフスタイルについて書かれていますよね。そのような忙しいスケジュールの中で、心や肉体、精神について考える時間をどうやって見つけているのですか?

毎朝起きて、映画のセットに行くのですが、車に乗ったときに必ずお祈りします。どこに行っても、どんなに忙しいときでも、瞑想する時間はあります。瞑想というのは、座った状態で誰にも邪魔されずにやるものだとみなさん思われているようですが、実際は、誰かと話しているときでも、心の中で瞑想できるんです。天気やスポーツや、映画について話しているときでも、自分の心を清浄な状態にすることは可能です。


Q:今回の映画の中では、随分早い車(スパイダー)を運転していますが、どうでしたか?

ローグは大好きみたいですね。ジェット・リーは好きじゃないですが(笑)。


****************************************************

【ROGUE基本情報】

製作: 2006年 カナダ・バンクーバーにて撮影
監督: Philip G. Atwell
脚本家: Lee Anthony Smith, Gregory J. Bradley
出演: Jet Li, Jason Statham, Nadine Velazquez, Andrea Roth, ケイン・コスギ
ジャンル: アクション、スリラー



スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント
んじゃ俺1番のりって事で(笑)!
毎度の事ながら詳しい内容、ジェット・リーに対する“愛”を感じます(笑)
ちょいと映画の話題で少し…めぐみさんのデータ見てフィリップ・G・アトウェルが監督となってますよね。今までHIPHOPアーティストのビデオを撮ってた人で、DREとSNOOPで70年代の作品をリメイクした『The Wash』ではプロデューサーを務めた人物ですよ。恐らく長編映画は『ROGUE』が初監督作品になるんじゃないですか。武術物以外の作品では結構HIPHOP系のアーティストとの共演も多いジェット・リーなだけに、これまた今から期待ですね~!!
【2006/05/07 17:26】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

★GEE-Qさん
インタビュー、英語でさらっと読むより、こうやって翻訳してみた方が、自分自身もよく理解できるので、趣味でやってます(笑)。
フィリップ・G・アトウェルについては知りませんでしたよー。
さすが映画通のえいじ君!情報ありがとうございますv-238
そうそう、B絡みが多いんですよねー。
アリーヤやらDMXやら。アジア人と黒人の組み合わせって何となくイイ感じなのかな(笑)。でも今回の映画では共演者は白人みたいですね。で、注目すべきは日本人。ケイン・コスギの他に、石橋稜も出演するらしく、これは日本でも話題になるし、早期の公開も必至ですね。
どんな風にジェットと絡むのか、楽しみです(^^)。
個人的に、悪役の彼には萌えるし(笑)。
【2006/05/08 00:42】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rhymeflow.blog22.fc2.com/tb.php/54-c55df3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。