Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
紀行「大アフリカ」 山田詠美出演
今、山田詠美のエッセイを読み返すのがマイ・ブーム。
今日読んでいたのがこの本。

日はまた熱血ポンちゃん 日はまた熱血ポンちゃん
山田 詠美 (2002/10)
講談社

この商品の詳細を見る


で、この中に「テレビの撮影でアフリカに行ったこと」が書かれていたんです。
TBS制作のドキュメンタリーで「大アフリカ」というシリーズの第5段に出演してるそうなのです。

20060930010300.jpg


へえ・・・詠美さんがテレビに出るなんて珍しいなあ・・と思ったものの、もう5~6年前の話だし見る手段はないのかと思ったら!!
なんと、本を読んだ直後にオンデマンドTVのライブラリをたまたまチェックしたら、この番組が見放題プランにあったんですよー!!
超ラッキー。

スカパーBBに加入している人は、TBS BooBo BOXで見れるみたいですよ。

というわけで、大アフリカ(5)「パワー」を見ました。

正直・・・詠美さんはテレビ慣れしてないようで、ナレーションも棒読み(笑)。
シャイな人なんですね。(何となくわかるけど。)
それでも、私にとっては「動いて喋るエイミー」を見れただけでも、嬉しかった。アフリカ人相手に英語も喋ってるよ。(恐らく、私と同レベル=語彙は少ないがコミュニケーションだけは十分に取れる。)
20060930010745.jpg


概要はこんな感じ。

世界一の犯罪都市とも言われるヨハネスブルグで力強く生きる人々、西アフリカ諸国が発信する熱気あふれる芸術など、作家山田詠美が自らの小説の登場人物たちのルーツを探りながらアフリカンパワーを感じる旅をします。



まあ、正直「自らの小説の登場人物たちのルーツ」を探してるのかどうか、微妙です・・・。
たぶん彼女はシャイ過ぎて、番組内では十分にこの体験を語っていないので(文章では語れると思うけど)、映像とナレーションを楽しむしかないかなあ。。。

でも、ナミビアの砂漠の様子、アパルトへイト政策を取っていた南アフリカの現状、セネガルの音楽やダンスなどを堪能できる作りになっていますので、アフリカの歴史や文化に少しでもベクトルが向いてる方であれば、興味深い内容だと思います。

というわけで、最後はセネガル出身のスター、ユッスー・ンドゥールの音楽で締めておきます。

教授 & Youssou N'Dour "Diabarum"



締めると言いながら、続きがあったりして(笑)。



全く、アフリカともエイミーとも離れますが・・・
実は私、坂本龍一の大ファンでした。

でした・・・と過去形なのは、最近の彼の動向までは追っていないから。

YMO時代からファンだけど、彼のソロアルバムでいちばん好きなのはこれ。

20060930014538.jpg
坂本龍一
Heartbeat(1992年)

その中でも超絶に痺れたのが、フランス語ラップの曲。
今聴いても、やっぱカッコいいわ。


Ryuichi Sakamoto "Rap the World"

スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
濃いわ~♪
めぐみさん!すごい発見じゃないですかっ!
あーでもスカパー!「BB」ではないからなぁ;
私も「熱ポン」シリーズをバイブルとしておりますよ^^
アフリカン・アメリカンのルーツ…多分語りたいこともたくさんあるのだろうけど、そのあたり、詠美さんは心得ているから…多くを語らずなんでしょうね。
熱ポンでもそんなこと書いてましたよね。
その昔、NY…ブロンクスだったか、イケメン(当時はそんな言葉はなかったけど/笑)警官と一緒にブラつくという番組があって…かっこよかったんだけど、これも我が家にビデオがあるかどうか…

教授も大貫妙子さんなんかも、アフリカにすごく魅力を感じて惹かれてますよね。底知れぬものがあるんだろうなぁ…
【2006/09/30 14:05】 URL | LUKA #m1zLIDMs [ 編集]

★LUKAさん
こんにちはー。レスがすっかり遅くなってごめんなさいv-356
LUKAさんも「熱ポン」読者なんですねー!
まさにバイブルですよねー。私自身が酒飲みでいつまで経っても大人になれないので、彼女のエッセイを読んで妙に安心しちゃったり(笑)。
向こうは作家さんだから比べちゃいけないんですが(^^;)。

>詠美さんは心得ているから…多くを語らずなんでしょうね。
同感です(^^)。いろいろと実感しているからこそ、簡単には語れないんだろうなーと。

>NY…ブロンクスだったか、イケメン(当時はそんな言葉はなかったけど/笑)警官と一緒にブラつくという番組があって
うは!そんな番組もあったんですか。見てみたかったなあ。
私は、熱ポンを全く読んでいない時期がしばらくあって・・・久しぶりに「日はまた~」を読んだら、ダンナさんと別居していたのでビックリでした。その辺りのいきさつを書いた本も、読んでみたいですv-290

教授の音楽って、目の前に壮大な景色が思い浮かびますよねえ。
今はそんな熱心なファンじゃないけど、たまに聞き返すと、やっぱ好きだなーと思います。
【2006/10/02 14:31】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

わぁ読み返し
先日、めぐみさんとシュガーヒル話~詠美さん話で盛り、わたしにも伝染してしてきたようです~詠美さん読み返し。
ちょうど読んでいた本を読み終え(それはアフリカ大陸に家族で3人で暮らす!て話なんですけど・・)、お次は詠美さんにしようと思っていまいました。
今日お邪魔したら・・・・詠美さん話しかもアフリカだ~v-221何かただならぬものを感じましたよめぐみさん(笑)

あっ別居のいきさつは~言わないでおきます。何から読み返そうか今か探します.....

【2006/10/03 17:59】 URL | sole #IsJlUJPw [ 編集]


めぐみさん、こんばんは♪
わたしも、詠美さんのエッセイが好きです。
何を隠そう、小説よりおもしろい!
日頃感じていること、考えていること、だけどうまく言葉で言い表せないことを、ズバッと的を得た表現で伝えることができるところ、さすがだなぁと思います。
詠美さんのエッセイを読んでいて、思わず拍手喝采をおくりたくなったことがたくさんあります。
熱ポンシリーズは、少しずつ名を変えて今は「ご新規熱血」?だっけ?
わたしも読み返してみよ~っとv-352
【2006/10/03 19:42】 URL | raphiama #nYhrGoG. [ 編集]

★soleさん
こんにちはーv-238
シスタ二人にコメントいただいて、嬉しいです(^^)。
家のPCが壊れてしまったので、ブログの方がなかなか更新できないのですが、その分、読書に時間を割けるようになりました。
と言っても、読んでるのはエイミーオンリーですが(笑)。

>あっ別居のいきさつは~言わないでおきます。

うぉー!ますます気になるじゃないですか!(笑)
2000年前後に別居したのかな。その辺りの「熱ポン」を制覇しないといけないなー。中古で探してみることにしますv-237
【2006/10/04 11:07】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

★raphiamaさん
こんにちはー!
エイミーのエッセイは楽しいですよねえ。v-353
ホントに、ズバっと言ってくれちゃってて、ほとんどが同感できちゃいます。ただ、私は彼女のように振舞うことはできないので、羨ましかったり、憧れちゃったり・・・そんな存在です。
小説の方も、最初に読んだ当時より、共感できることが多いのにビックリ。「A to Z」とかね。絶妙だと思います!
ブランクが長かったので、読んでいない本もたくさんあるから、この際また揃えちゃおうかなー。
【2006/10/04 11:22】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rhymeflow.blog22.fc2.com/tb.php/152-14449d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/07/28 09:35】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。