Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Remember the Titans
更新が滞る・・・と言った途端に更新してしまう私(笑)。

というのも、私の大好きな「実話」に基づいた映画を見たからです。
「Racism=人種差別主義」に、ものすごーく嫌悪感を抱いてる人ならば、絶対に感動すること間違いなし!!

タイタンズを忘れない 特別版 タイタンズを忘れない 特別版
デンゼル・ワシントン (2005/12/21)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


【概要】
1971年のバージニア州アレキサンドリアの保守的な田舎町で、白人の高校と黒人の高校が統合された。アメフト・チームの「タイタンズ」も黒人コーチのブーンが担当することになったことから、チーム内も町も大騒ぎとなってしまう。しかし、やがてチーム全員がひとつになり、連戦連勝を重ねていく…。実話をもとにした友情と青春のスポーツ感動作品。


【感想】
これはね、いい映画だと思います。
Denzel Washingtonは、やっぱねえ・・・カッコ良すぎ。
黒人コーチであることを揶揄されながらも、強気で向かっていく姿勢が素敵。っていうかね、あのサディスティックなモノの言い方が超セクシー!!・・・・というのは、女性のみの視点かしら?(笑)。

ひとつ残念なのは、私がフットボールのルールを全く知らないこと(ToT)/。
ラグビーとかフットボールって、難しいですよね?
タックルって何のためにやってるかもわからないし(汗)。

remember-the-titans.gif


【追記】
なんか、酔っ払って書いたのでワケわからない文章になってました(^^;)。
なので続きの中に入れちゃって一部修正します。


ちょっとだけ、真面目な話をさせてもらいます。
以前のサイトにも書いたことがあるのですが。。。
私が生まれて初めて「人種差別」を経験したのは、大学生時代にホームステイしたとき。
黒人が少ないオレゴン州だった・・・ということもあるのですが、ホストファミリーの娘(私の同い年)が、Black Peopleに関してひどいことを言っていたことに、めちゃくちゃ幻滅しました。

今思えば、そこが始まり・・・・だったのかもしれません。
アジア人の私を受け入れている家庭だったわけですが・・・なぜ「黄色はOKで黒は駄目」なのか、物凄い疑問でした。

当時の私は、黒人の知り合いなど全くいないどころか、黒人に会ったこともなかったような状況(笑)。
それなのに、沸き上がって来るこの怒りと失望はなんだろう??

音楽業界では、マイケル・ジャクソンがスターだったし。
私自身は、Earth Wind & Fireを好きだったし。
そんな私にとって、このホームステイ先でのリアリティは、「音楽業界は特別な場所であり、現実はこうなんだよ、ボケ!!」と、バシッ!!と叩きつけられた思いがありました。

私のかつての義父(前のダンナの父)は、「黒い人が寿司屋やってるんだよ。あの手で握る寿司は食えない」と言ってました。
そんなことをなぜ言ってしまうか。
結局は、「想像力の欠如」じゃないかなー。

つまり、どんな人種であろうと、ママやパパやおじいちゃんやおばあちゃんがいて、家族の動向に一喜一憂するという事実があるわけですよね。
差別してしまう人は、そういった「人間としてのあたりまえの営み」を想像する力が足りないんじゃないかなー。

まあ、何はともあれ。
ちゃんと会話することが大事なんだなーと思うわけです。

Talk to them and use your imagination.

相手の立場を慮る「想像力」は、能力だと思う、今日この頃。
私も、自分と全く違うものを理解できないときもあるけど、やっぱ想像力は働かせていきたいなーと(^^)。


スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント

ラグビーは私もよくわからないけど、アメフトは案外単純でわかりやすいですよ。4回1セットの攻撃(それぞれファーストダウン、セカンド~、サード~、フォース~)でボールを10ヤード進める。成功したら再びファーストダウン。たった10ヤードなんだけど、これがなかなか進まないんですよね。進められないと攻守入れ替えで、双方ゴールを目指して進むというのが基本です。
真面目なお話の方は難しい問題ですね。パウエルが大統領選に出ない理由とか、デンゼルがオスカー獲るまでに何度落選したかとか、タイガーをプレーさせないクラブがまだあることとか考えると、想像力が欠如している人はまだいる。国務長官が黒人だったり、メジャーリーグやNBA、その他プロスポーツ、ショービジネスでも黒人が大活躍している今、これから育つ世代の意識が変わっていくことを望みたいですね。
【2006/09/16 17:12】 URL | 源九郎 #Agbqg.I6 [ 編集]


アメフトのプロリーグであるNFLを10年ほど前から観ていますが、10年前は、花形ポジションであるクォーター・バックに黒人選手はほとんど居ませんでした。クォーターバックは白人がやるべきという暗黙の了解みたいなものが有ったと思います。最近はかなり黒人クォーターバックも増えて来ましたが。
プロスポーツのように実力があれば認められやすい世界でもつい最近までそういう事があったわけで、一般社会だともっと大変なんだと思いますね。
【2006/09/16 18:51】 URL | borges #- [ 編集]

★源九郎さん
酔っ払って書いた記事だから、妙に熱くなってしまって、朝起きて読み返したら気恥ずかしくなっちゃいましたv-356
でも、読んでくれてありがとうございます(^^)。

それと、アメフトのルール、教えていただいて助かりました。
そっか。とりあえず「進む」ことが大事なんですねー!
なんであんなにぶつかり合ってるんだろうってずっと疑問だったんですよ(^^;)。

>タイガーをプレーさせないクラブがまだある
うっそー!!そんな場所があるんですか??
例えば、ピンプな格好をしたギャングスタ・ラッパーが嫌いとか言うのは、趣味の問題だからわからなくもないけど・・・タイガーは凄く気品のある人なのに。信じられません(>_<)。

日本は、比較的黒人にとっては良い国みたいですねー。
アメリカではまだまだ酷い差別を受けていた60~70年代でも、来日したジャズ・ミュージシャンなんか、とっても手厚くもてなされたみたいで。私の経験談はけっこう前の話なので、ちょっとは変わってることを願います。
【2006/09/17 00:25】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

★borgesさん
NBAに引き続き、NFLにもお詳しいんですねー。素敵v-353
ホッケーやバスケット、フットボールなどは、アメリカでは人気のスポーツだとわかってはいても、あんまり見る機会がなかったのですが・・・今はCS(うちはオンデマンドだけど)などでも気軽に鑑賞できるようになってるし、見てみようかなー♪

>プロスポーツのように実力があれば認められやすい世界でもつい最近までそういう事があったわけで、一般社会だともっと大変なんだと思いますね。

ですよねー(>_<)。
たとえ好みの音楽やファッションなどのスタイルが違っても、その他の部分では、平等にチャンスが与えられるようになればいいですよねえ。

【2006/09/17 00:35】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]


さすがめぐみさん、良いこと言うなぁ~v-424
「想像力の欠如」。まったく同感です。
人の笑顔、涙、どんな言葉で傷つくのか、ハッピーになれるのか、っていうのは、別に育ってきた環境とか人種とかっていうのは関係なくて、みんな共通のものだと思うのね。
だからやっぱり、自分がされたり言われたりして嫌だと思うことは絶対に人に対してやったり言ったりしちゃいかんのですよ。
まぁ友人によく「逆人種差別的」といわれる態度(白人には意地悪だけど黒人には優しい)をとってしまうわたしに言われたくないって声も聞こえてきそうですが・・・。
わたしも日々精進だわん。
【2006/09/17 19:01】 URL | raphiama #nYhrGoG. [ 編集]

★raphiamaさん
おぉ!拍手の絵文字があったんですね。知らなかったー!
今後、多用させていただきます(笑)。

>人の笑顔、涙、どんな言葉で傷つくのか、ハッピーになれるのか、っていうのは、別に育ってきた環境とか人種とかっていうのは関係なくて、みんな共通のものだと思うのね。

ですねー。そういうことに、なんで気づかないのか、全くもって不思議。人によって個性も性格も違うのにねー。

>「逆人種差別的」といわれる態度(白人には意地悪だけど黒人には優しい)をとってしまうわたし

これ、私もわかります・・・というか、そういうところあるかも(^^;)。
以前、けっこう仲良くしてた白人の同僚がいたのですが、何かの機会にAfrican Americanの話になった途端、「Big Di○k??」ってニヤニヤしながら言ったんですよv-293 うわっ、こいつもステレオタイプな人間なのか!とガッカリしました。可愛そうな思い込みによるコンプレックスの裏返しなのかなーとも思いますけどねえ。。。
【2006/09/18 23:13】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]


げっ、そんなこと言ってくる奴がいたら、にっこり笑って"at least bigger than yours"って返してあげようねv-290
【2006/09/19 20:10】 URL | raphiama #nYhrGoG. [ 編集]

★raphiamaさん
さすが姐さんv-42
その台詞、いただきました。今後しっかり使わせていただきます(笑)。
【2006/09/20 10:33】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rhymeflow.blog22.fc2.com/tb.php/144-c05b8c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。