Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Oscar and American Idol
昨日はアカデミー賞一色でしたねー。
しかし、日本では菊池凛子ちゃんが「逃す」というニュースばかり。

20070227101754.jpgジェニファー・ハドソン受賞は伝わっていたけど、Forest Whitakerが主演男優賞というのは、民放ではどこのテレビでも言ってませんでしたね(笑)。

私としては、ウィル・スミスが主演男優賞エディー・マーフィーが助演男優賞だったら飛び上がって大盛り上がり!だったんですけど(笑)。
でも、フォレストも凄く良かったらしいから、いいか。
彼が出演した「The Last King of Scotland」は、3/10より日本でも公開とのことです。

過去のアフリカ系の受賞リストがこちら。
歴史の長さからすると、まだまだ少ないけど、どんどん増えて来てはいますね。

1939: Hattie McDaniel(Gone with the Wind)
1963: Sidney Poitier (Lilies of the Field)
1982: Louis Gossett Jr.(An Officer and a Gentleman)
1989: Denzel Washington (Glory)
1990: Whoopi Goldberg (Ghost)
1996: Cuba Gooding Jr. (Jerry Maguire)
2001: Halle Berry (Monster’s Ball)
2001: Denzel Washington (Training Day)
2004: Jamie Foxx (Ray)
2004: Morgan Freeman (Million Dollar Baby)


さてさて、助演女優賞を各賞総なめした感のあるJennifer Hudsonさん。
みなさんもうご存知と思いますが、アメリカン・アイドル出身です!

優勝はしなくても、このような道も開ける・・・ということで、今後AIにはもっと注目しなくては!という感じでしょうね。

と、強引な前振り。

先週のアメリカン・アイドルの地方オーディションの模様です。

まずはアラバマ州バーミンガム。
昨年の優勝者Taylor Hicksの出身地です。
他に、ルーベンやボー・バイスもここ出身だそうで。南部って歌が上手な人が多いのかなあ。全体的に良かったですよね。


個人的に好きだったのは、Jamie Lynn Ward
美声の持ち主です。

Jamie Lynn Ward "Reflection"


ただ、バックグラウンドは強烈。
「義母の浮気に怒った父親が、義母を銃で撃ち、自分も撃って半身不随になった。今は祖母と二人で父の介護をしている」とのこと。
恐ろしいエピソードです(ToT)。


それと、ルックスからは想像できない素晴らしい声だったのが、Chris Sligh
Sealの"Kiss From A Rose"を歌ってくれちゃってます。素敵!!

Chris Sligh "Kiss From A Rose"


「デビッド・ハッセルホフを泣かせてみたいんだ。去年、テイラーが優勝したときに泣いてただろ。感動しちゃって」というコメントも、審査員を喜ばせたようです。


次はロサンジェルス。
個人的にOlivia Newton Johnがゲスト審査員ってのは、ちょっと嬉しかったな。今でも可愛いし。(ポーラより:笑)

バックシンガーが職業というBrandon Rogersは、ルックスも良く、歌声も爽やかでした。それなりに人気出そうです。

Brandon Rogers "Always on My Mind"



それと、この回で忘れてはならないのがこの人。
64歳ですが、癌の妻を励ますため、330人の署名を集めてAI出場を目指したそうです。残念ながら、オーディションの二日前に奥さんが亡くなったということです。シナトラのような声で、胸を打つ歌でした。

Sherman Pore "You Belong To Me"


さて、地方オーディションもあとわずか。
次回のサン・アントニオ、ちょっと期待できそうですよん♪


スポンサーサイト
TOP
色男さん共演
ここのところの私の嗅覚って凄すぎ(自画自賛パート2)。

大好きなシンガーJoeの新曲ビデオが発表されたんですけど・・・

20070223112511.jpg20070223125431.jpg

そこに登場しているのが、これまたSexyな俳優、Blair Underwoodなんですよ。


Joe "If I Was Your Man"


Joeの恋敵として登場するのが、ブレア。
嗚呼。共演女優さんが羨ましい!!

この二人のどちらかを選べと言われたら・・・・選べません(>_<)。
二人同時に頂いていいですか?・・・・と妄想爆走してしまいますね(笑)。

If I was your woman...な心境。

ビデオの最後が「To Be Continued」になってるんですが、続編ありってことかしらん?
この二人の共演なら、「Trapped in Closet」みたいに延々と続くシリーズでも良いかもしれません~


TOP
Ciara "Like A Boy"
Thanks to my boy, kinoさん!!

こちらの記事に書いたホットなカップル、CiaraReggie Bushですが、早速ビデオ共演しているそうです。

シアラの新曲(アルバムからのセカンドカットかな?)に登場するレジー君。
これがもう、可愛いの何のって(笑)。

Ciara "Like A Boy"



かつてのBow Wowとの共演と同じく、リアル・ボーイフレンドなのか、それとも単にビデオ共演したから、パーティに二人で現われたのか。
気になるところですねー。

今後も注目の美男美女でございます。

しかし・・・レジーもムキムキだけど、シアラちゃんもマッチョだよねえ。鍛えてるなあ。


TOP
DreamGirls
dreamgirls-poster2.jpg行ってまいりました~!
超話題作「ドリームガールズ」。

今回もネタバレはなしで。

実は、どういう話か全く知らなかったんですけど、案外ストーリーが良かったなあと。
そして前評判通り、Jennifer Hudsonのパワフルな歌声には、胸を打たれました。

出演者も豪華、衣装やセット、音楽も豪華絢爛。
素晴らしい映画だったと思います(^_^)。
アカデミーの作品賞にノミネートされてないのが不思議。

Beyonceは文句なく美しいしねえ・・・。うっとり。

"And I'm Telling You"、"I Am Changing"といった超有名な歌も、歌詞と状況がリンクして、ようやくちゃんと理解できたのが良かった。

私がいちばん興奮したのは、最初のこの歌。
モータウン!な雰囲気が最高♪ 




そして個人的に・・・Eddie Murphyに萌え!!
こういうダメダメな男の役柄って、けっこう好きなんですよねー(笑)。

20070221124835.jpg


今年で46歳ということですが、全く年齢を感じさせない歌とダンスが素敵だったなあ。
不勉強で申し訳ないのですが、エディーが「歌える」こと、実は知りませんでした。
改めて多才ぶりに惚れちゃいました(*^_^*)。

ホントに彼が歌ってるんだよね?
すごい色っぽい声なんですけど!!
ラップも最高。

Eddie Murphy "I Meant You No Harm"/"Jimmy's Rap"


こちら↓の歌もカッコいい~!エディー、やっぱ凄いわ。
ドリーメッツのコーラスも、「ウー!」って入っただけで、超ゴージャス。ホントに、こんな風に歌えるって気持ちいいだろうなあ。

Eddie Murphy "Fake Your Way to the Top"



TOP
Memphis & New York
American Idol、今週の地方オーディションの模様です。

まずはメンフィス。ブルースの故郷・・・だからかどうか、前回のミネオアポリスやシアトルよりは良かったような気がします。

バックシンガーがお仕事のMelinda Doolittle
やたらと謙虚で可愛かったですが、歌は本物。

Melinda Doolittle "For Once in My Life"


でも、こういうシンガーはアメリカには本当にたくさんいると思うので、昨年のマンディーサと同様、ある程度は勝ち残れても優勝はないかなあ・・・という感想でした。


次は、父親がプロのシンガーという彼。
Sundanceです。

Jason Sundance Head "Stormy Monday"


ブルージーな雰囲気がいいですよね。
気さくな人柄、黒人白人両方にアピールできる歌声など、ファン層は大きくなりそうな予感。


ニューヨークは、変な人が多かったですね。
ドラッグ・クイーンみたいな人とか。
ゲスト審査員でキャロルさんというソングライターがいたけど、よく知りません(笑)。バート・バカラックの元奥さんで有名な人みたいですが。

番組にも慣れてきちゃったのかなあ。
これ!と思うほど凄い人はいなかったような気も。

個人的には、この人は人気出るだろうなーと思ったのが、16歳のハンサムな彼。
Jenry Bejarano

jenry-bejarano.jpg


Jenry Bejarano "I'd Give Anything to Fall in Love"



アメリカでは既にトップ24が決まっているようです。
海外のサイトを見るときには気をつけないとね(笑)。




TOP
Paris Bennett "Ordinary Love"
昨年のアメリカン・アイドル・シーズン5のファイナリスト、Paris Bennettちゃん。

彼女も綺麗になりましたねー(^-^)。

paris-bennett.jpg



3月にリリースされる彼女のデビューアルバム、"Princess P"に収録予定の曲が、既に公開されていました。






オーディションでは、古いソウルやジャズを歌っていた彼女ですが、やっぱデビュー曲はいまどきの音(笑)でしたね。

このデビュー・アルバムには、同じアイドル出身のKevin Covais(チキンリトル)が「ラップ」で参加してるそうなのですが・・・どうでもいいかも(笑)。



TOP
Barack Obama
20070215152338.jpgBarack Obama(バラック・オバマ)氏。

2008年の「アメリカ大統領選」に立候補を表明した、黒人の上院議員です。民主党所属。
1961年8月4日生まれの45歳。

頬がちょっとこけてるので、横顔の写真なんかは、めがねをかけたらマルコムXっぽいな・・なんて思ったのですが。
正面から見ると全然違いますけどね(笑)。

Barack Obama.com


以下、はてなダイアリーから引用。

イリノイ州選出。
父親はケニア出身の黒人で、母は白人。
コロンビア大、ハーバード・ロースクール卒業者。
バラックとはスワヒリ語で「祝福された」という意味。

ジョン・F・ケリーとジョージ・ブッシュ・Jrが争った2004年大統領選の民主党大会で基調演説に抜擢され、
「黒人の米国も白人の米国もなく、リベラルの米国も保守の米国もなく、ただ米国があるだけだ」
「イラク戦争に反対した愛国者も、支持した愛国者も、みな同じ米国に忠誠を誓う米国人なのだ」
などの弁舌のさわやかさが注目された。

オバマの初当選は、そのケリーが敗れた大統領選と同時に行われた上院選である。
「将来の初の黒人大統領候補」と呼ばれるほど、そのカリスマ性が高く評価されている。



上記「基調演説」の様子。めっちゃ盛り上がっております。
ケリーの旗より、オバマの旗が多いですね。

Keynote Address at the 2004 Democratic National Convention



女性候補のヒラリーさんと、アフリカ系候補のオバマ氏。
政治に詳しくない私でも、来年の大統領選は、やっぱ気になります。


***Spacial thanks to my friend, "Aki" for your information.


TOP
Ciara & Reggie Bush
ふっふっふ。
私の嗅覚の良さも、相当なものね(笑)。
と自画自賛しております。

と言いますのも、この二人が付き合ってるのでは?というゴシップ記事を見たから。

CiaraReggie Bushだよ、みなさん!

reggieciara5.jpg


Reggie君と言えば、ちょっと前の記事でご紹介した、NFLの若きスーパースター。
まさに旬な色男さんだったのね。

正式にお付き合いしてるかどうかはまだ不明だけど、グラミーのプレ・パーティーに二人で現れたそうです。
美男美女カップルなので、納得。なーんの文句もありません♪

ぶっちゃけ、BowWowと別れて良かったよね、シアラちゃん。
だって、どう見てもレジーとの方がお似合いだもん(笑)。



TOP
Pursuit of Happyness
pursuit-happyness-poster.jpg映画「幸せのちから」、見に行ってまいりました。

ネタバレはしません。

過剰な演出や派手なアクションを見慣れた私には、ある意味「地味な映画」でした。
でも、じんわりと感動します。
普通に暮らせていることが、どんなに有難いことなのかを実感しますね。

いい映画です。ぜひ、見てみてください。

最後に流れる、Sealの歌もいいなあ。

"A Father's Way"の試聴はこちらからどうぞ。

ちなみにこの映画は実話です。
原作者で主人公のモデルとなったChritopher Gardnerさんの公式サイトはこちら

原作も読んでみたいかも。

The Pursuit of Happyness The Pursuit of Happyness
Chris Gardner、Quincy Troupe 他 (2006/11)
Amistad Pr

この商品の詳細を見る

TOP
Shyamali & Sanjaya Malakar
American Idol Season 6、シアトルのオーディションでしたが・・・ミネアポリス以上に不作だったようで。

話題になっているのは、インド系姉弟。二人とも美形で歌も上手。
審査員も言っていますが、歌は弟の方がいいですね。
シャイな笑顔が可愛らしいので、女の子に人気出そう(^_^)。

姉(シャーマリー)はジャズのスタンダード曲"Summertime"を、弟(サンジャイヤ)は、Stevie Wonderの"Signed Sealed Delivered"を歌っています。



オーディションの最後に、Pussycat Dollsの"Don't Cha"を落選者に歌わせていましたが・・・あれはいらないですね。番組制作上、ある程度の演出は仕方ないと思うけど・・やりすぎは興醒め。
早くハリウッドに進んで欲しいです(笑)。



TOP
Denise Jackson & And I'm Telling You
American Idol Season 6、始まりました。

本日は「ミネソタ」での地方予選。

今シーズン、地方予選時は土曜と日曜の2日間で放映されるようですね。
明日の午後10時からは「シアトル」でのオーディションが放送になります。

で、ミネソタですが・・・なんだかイマイチ。
「Over the Rainbow」を歌ってハリウッド行きを決定した女の子は、確実に「キャサリンの真似」だったし。
応募者数だけが増えてるから、確率的には少なくなってるのかなあ。

今日の放送分で話題になったとすれば、この子でしょう。
母親が麻薬中毒で、「クラックベイビー」として生まれたという苦労人の16歳。
ウィスコンシン州出身のDenise Jacksonです。

Denise Jackson "And I'm Telling You I'm Not Going"



パワーで押し切ってる感じはあるけど、なにせ、Jennifer Hollidayの難曲ですから、16歳でこの歌はやはり凄いと思いました。



本家ジェニファー・ホリデイの歌はこちら。
凄すぎて、泣けるほどです。




それと、同じくアメリカン・アイドル出身のJennifer Hudsonが、映画「ドリームガールズ」で披露している歌声がこちら。




いずれにしても、この曲で人を感動させることができたら、もうその人は一流のシンガーなんじゃないかなあ・・・なんて思うくらいの歌ですね。


TOP
The Bible Experience
下の記事に書いた俳優・Blair Underwood関連の記事を探していたら、とても興味深いものを発見したのですが・・・みなさん、ご存知でした??

80人以上の黒人スターを総動員し、「朗読と音楽で聖書を再現」した"The Bible Experience"というものがあるそうです。

何が凄いかって、その出演陣。
まさに黒人セレブ総出演!!と言っていいかと思います。

20070207154116.jpg主要キャストはこの辺り。

Blair Underwood (Jesus)
Samuel L. Jackson (God)
Angela Bassett (Esther)
Denzel Washington (Solomon)
Cuba Gooding Jr. (Judas)

これだけでもお腹いっぱいなんですけど、ミュージシャンも多数参加。

Kirk Franklin
Yolanda Adams
MYA
Common
Heavy D
Mary Mary
Tyrese Gibson



出演者リストだけで、PDFファイルで21ページもあるんですよ(笑)。
お暇な方は、こちらでチェック。

簡単に言うと、耳で聞く「聖書」ですね。
CDとMP3フォーマットで発売中。
現在は「新約」のみですが、今年中に「旧約」も出来るそうです。


20070208105352.jpg


日本のアマゾンでも買えるみたいですよー。

Inspired Bythe Bible Experience: Today's New International Version, New Testament (CD)



下のレコーディングの様子を見てもらえれば、豪華ぶりがわかると思います。
メンツにも感動するけど、デンゼルやブレアの演技にも鳥肌。

"The Bible Experience" Trailer



Making of "The Bible Experience"


ブレアの迫真演技に対して「スタジオにジーザスが現れて、本当に喋っているように感じた」と感想を言ってる人がいますね。
やっぱ実力派の役者さんなんだなあ・・・。

実際に出来上がったものは、映像作品ではなく「音」だけなので、ネイティブレベルに英語がわかり、なおかつ聖書に精通している人でなければ、理解は難しいでしょうねえ。完全対訳付きのバージョンとか、出ないかな。無理だろうな(笑)。

TOP
年の差カップル
ゴシップ・ネタ。
*注意:1つめは本当かも。2つめは残念ながら嘘だったそうです(笑)。

まずは、復帰に向けて準備中のWhitney Houston
ボビー・ブラウンと離婚してシングルとなった彼女の次のお相手が、なんと、Brandyの弟のRay Jではないかという噂が流れました。

これが、二人の写真。どういうお付き合いなのかどうかわからないけど、Rayがホイットニーをエスコートして現れたのは確かのようです。

20070207104648.jpg


一緒に車にも乗ってるしね。

whitney-ray-together-3.jpg


ちなみに、ホイットニー43歳。Rayは25歳。
18歳差とのことです。
お似合いかどうかは別にして、本人達が楽しくやってるなら問題ないよね。


そして、次はこの人!!

20070207105714.jpg



誰でしょう?
・・・って、たぶんアメフトファンくらいしか知らないかもしれませんが、このゴージャスな上腕二頭筋を持つ彼は、Reggie Bush

凄い人みたいですよ。
大学アメフト史上No.1プレーヤーと言われた人物だそうで、現在はNFL・New Orleans Saints所属です。ブッシュという名前から、ニックネームは「The President」。

普段は「痩せマッチョ好き」を公言している私なので、ここまで首や腕の太い本物のマッチョ(180センチ、92キロ)はそんなに興味なかったんですけど・・・何せ、すごいキュートな顔立ちなんですよ~(*^_^*)。
彼を目当てに試合を見てる女の子は多いんじゃないでしょうか。

で、この彼が付き合っていると噂されていたのが、Nia Long
「ソウル・フード」や「ラヴ・ジョーンズ」といった映画に出演している、ベテランの黒人女優さんですね。

20070207112904.jpg



でも残念ながら、ニアのインタビューによると「NFLのパーティーに行ったときに、Reggieに挨拶されて握手しただけ。そしたら次の日には彼氏と噂されてて驚いた。」だそうです。

もし本当だったら、Reggie21歳、Nia36歳という、これまた15歳差のカップル誕生だったんですが。

っていうか、嘘のゴシップをなぜわざわざ掲載したか??というと・・・Reggieの写真をブログに載せたかったんです(笑)。
だって本当に可愛いんだもの。

reggie-bush-smiling.jpg


色男カタログ入り、決定です!


TOP
映画 「理由」 & Blair Underwood
原題は"Just Cause"なのですが・・・何とも芸のない邦題ですね(笑)。
普段なら、レンタル店に置いてあっても、わざわざ手に取ることもない映画でしょう。特に、ショーン・コネリーのファンでもないし。

ただ、Laurence Fishburneが出ているというので興味が沸き、オンデマンドTVで見てみたのですが・・・これが意外と面白かった!

理由 理由
ショーン・コネリー (2006/08/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


【概要】
製作総指揮と主演にショーン・コネリー。
ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリスら個性派俳優が脇を固める。
観る者を次々と裏切り続けるショッキング・サイコ・スリラー。

laurence_fishburne2.jpg


【感想】
ショーン・コネリーのファンではないと書きましたが、やっぱ彼の演技には引き込まれちゃいますねえ。この映画の時点で66歳くらいだったと思うけど、本当に渋いおっさん代表。
ローレンスとの掛け合いを見ると、二人とも「役者だなあ」とつくづく思います。

無実の罪を訴える黒人の青年を中心に話が進むので、「南部の人種差別」も絡んで来ます。
エド・ハリスの狂気的な演技も迫力あったし、後半でのどんでん返しにもドキドキするし、まさに「サイコ・スリラー」という感じで、期待以上に良かった~。

あ、特記事項としては、少女の頃のスカーレット・ヨハンセンも出てきますよー。子役出身だったんですね、彼女。私としては、今よりこの頃の方が綺麗だと思いました(笑)。

20070205140618.jpgで、私がわざわざこの映画をブログで取り上げたのには、それこそ「理由」があります。
それは、この俳優さんがめちゃくちゃキュートだったから
残念ながら、この映画出演時の写真は見つかりませんでしたが。

彼の名前は、Blair Underwood
1964年生まれなので、今年43歳。
ワシントン州出身、テレビドラマを中心に活躍する俳優さんですが・・・とにかく激・ハンサム!!

この映画の中で「奨学金をもらってコーネル大学に進んだ黒人エリート(後に殺人の罪で服役)」という役柄を演じているせいもあって、知的だし、そりゃあもう、カッコ良いです。

プライベートでは、奥さんと三人のお子さんを大事にするマイホーム・パパとのことで、見つかる写真はファミリー・ショットばかり(笑)。

20070205141425.jpg


めっちゃ幸せそう。子どもも可愛いし(*^_^*)。

これまでの代表作品はこちら。

1996年 セット・イット・オフ

そう、ジェイダとデートしてたこの人!!

20070206133555.jpg


1998年 ディープ・インパクト (有名なのにまだ見てなかった。)
2000年 英雄の条件 (これもチェックしなくちゃ)
2002年 フル・フロンタル (恐ろしくつまらないらしいけど:笑)
2003年 Malibu's Most Wanted (日本語化されてないけど、Taye Diggsも出てる模様)

そしてSex and the Cityにも、5つのエピソードで登場してるとのこと。Dr. Robert Leeds役だって。私が見た中にはまだ出てきてないので、シーズン3以降かな。楽しみ~!!

こちらは、彼の出演シーンをいろいろつなげたビデオ。

Blair Underwood


You Tubeのコメントに、「彼は役者としても素晴らしいし、ルックスも申し分ないので、もっとハリウッドのリーディング・スターになってもいいんじゃないか」・・・という意見がありました。
ホントにそうだと思う!!
今後、要チェックの俳優さんです(*^_^*)。



TOP
State Property II
映画なんですが、Musicのカテゴリーの方が良さそう。
HipHop界のStarが続々登場する映画、邦題「ギャング・オブ・フィラデルフィア」のご紹介です。


ギャング・オブ・フィラデルフィア ギャング・オブ・フィラデルフィア
デイモン・ダッシュ (2006/09/06)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


【概要】
巨大な闇を抱えるフィラデルフィアを舞台にストリート・ギャングの抗争をリアルなタッチで描くバイオレンス・アクション。
カポーン&ノリエガ、マライア・キャリー、カニエ・ウェストなど、多数のラッパーやミュージシャンが出演したことでも話題になった。
監督はレーベル"Roc-A-Fella"を興したDamon Dash

原題"State Property IIが示す通り、これは続編。前作には、Jay-Zなんかも登場してたみたいですね。私は未見ですが。

主演は、ラッパーのBeanie Sigel
20070205122415.jpg


【感想】
うーん。主演がねえ・・・シゲルかあ・・・みたいな(笑)。
前作も彼が主役だったそうですが。アルバム発売された直後に収監されたんでしたっけ?
そのまんまギャングな彼は、確かに適役なんでしょうけど、なにせ、腹が・・・腹が・・ 
リアルだから良いってもんでもないような気も。

とは言え、サクサクとテンポ良く進むので、けっこう楽しめます。
いろんな人が登場するのも面白いし。PVを見てるようなノリで。

必要性はないけど、Mariahも出てきますよ。

20070205123500.jpg


さすが姫、ゴージャスな毛皮が良く似合ってました。
運び屋の女という役柄なので、ビッチな言葉使いもまた新鮮♪

っていうか、このシーンだけなんだけど↓↓。
マザファッカーとか言ってる彼女、珍しいでしょ。

Mariah in State Property 2


他の出演者リスト。

Noreaga(主要な役どころです)
Damon Dash
Freeway .... 本人役
Cam'ron .... 本人役
Juelz Santana .... 本人役
Ol' Dirty Bastard .... ハンバーガー屋の主人
Jamal Grinnage .... Fame (MOP)
Billy .... Billy Danz (MOP)
Fox .... Fox (MOP)
Kanye West .... 本人役

最後のカニエは、シカゴのギャングとして一瞬登場するのみですが(笑)。
オル・ダーティは面白かったですよー。
こういう世界なんだろうな・・・という点ではリアルだったけど、特に心が痛むとか、考えさせされるということはなかったかな(^^;)。
豪華な出演陣をチェックするために、一度レンタルして見るくらいならOKかもしれません。


TOP
American Idol & Katharine McPhee 全曲レビュー
こちらも久々、アメリカン・アイドルネタです~。


AMERICAN_IDOL_-_SEASON_5.jpg


2月10日から、いよいよ「シーズン6」の放送がFox Japanにて始まりますね!
今年は毎週土曜日の午後10時から放送になるようです。
昨年と同じ興奮を味わえるかどうか・・・楽しみです(*^_^*)。

シーズン5のファイナリストの中から、続々とデビューしていますが、中でもChris Daughtry(現在は、バンド名Daughtryとして活動中)は、早速アルバムがチャートインするなど、好調な滑り出し。
Daughtry Official My Space

そして、我らがElliot Yaminは、ようやくSonyとの契約が決まり、2月13日にシングル・デビュー(デジタルリリースのみとのこと)、3月20日にデビュー・アルバムが発売になることが決定したようです。
良かった~。
Elliott Yamin Official My Space

優勝者のTaylorも12月にアルバム・デビューしましたが、やっぱエリオットの次に私が気になっていたのは、Katharine McPhee!!

20070202152034.jpg



誰ですか?というくらい、進化したKatの写真(笑)。
やっぱグラビアは綺麗ですねー。
さて、先日発売されたアルバムについて。


Katharine McPhee Katharine McPhee
Katharine McPhee (2007/01/30)
RCA

この商品の詳細を見る


本当に便利な時代になったなあ・・・と思うのは、買う前からImeem等に音源がアップされていて、いつでも気軽に全曲聴いてしまえること(笑)。

これがね・・・思ったよりもずっとR&B色が強いアルバムになってまして、想像よりはだいぶ良い内容です。

プロデューサーに、The UnderdogsBabyfaceが参加している辺り、最初からそちらの路線を狙ってきたのかも。

AI出演時のキャサリンと言えば、「高音でパワフルに歌い上げるタイプ」という感じだったのですが、アルバムではウィスパリングを多用したり低音も響かせたり、幅を見せていますね。
それが成功しているかどうかは、彼女のファン層がどういう音を好むかによって評価が分かれるところだと思いますが。

というわけで、全曲を聴いていっちゃいましょう♪




[続きを読む...]

TOP
【追記あり】 "ABC" by Jin
【追記】
アルバム「ABC」をUnderground HipHop.comにてプレオーダーすると、なんと、DVDがボーナスとして付いてきますよー。
ずーっと欲しかったKnowing is Half the Battleです。こりゃ、注文しないとね♪


久々、Jinネタです。

20070131190810.jpg

My Space限定CDをリリースしたり(今現在はCD Babyでも取り扱い中)、精力的に活動中の彼ですが、2月には、全編中国語(広東語)のアルバムを出すことになりました。

ファースト・ビデオは、ABC(American Born Chinese)。
アルバムと同タイトルですね。
MTV Chi.comにて公開されました。

Jin "ABC"


いかがでしょう?
キレの良いフロウは広東語でも全く変わりませんね。
トラックも悪くはないし、時々挿入されている「幼い頃のJin」の写真がとっても可愛いです。

でもやっぱ、ここはリリックが大事・・・ということで、見て行きましょう。


[続きを読む...]

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。