Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Power Yoga によるボディー・メイキング

Yoga.jpg



ちょっと音楽・映画から離れて、個人的なネタ。

約1年半、ヨガのクラスに通っていました。
効果はかなりあったと思います。

★体重3キロ減
★お腹まわりが引き締まった(腹筋の縦2本の線が見えた)
★姿勢が良くなった
★ヒップアップ
★便秘解消
★腰痛解消


でも、引越しのためにクラスを辞めてからは、あっという間に元の体型に(涙)。
年齢的に、努力をし続けなければダメなんですよね。
こちらでも通いたいと思ったのですが、ちょうどいい場所・価格体系のスクールが見つけれず。

というわけで、DVDを購入し、自宅でやってみることにしました。

綿本彰のパワーヨーガ~美しいボディラインをつくる セレブ流ダイエット~ 綿本彰のパワーヨーガ~美しいボディラインをつくる セレブ流ダイエット~
綿本彰 (2004/06/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


アマゾンでの評価が良かったこのDVDを買いました。
かなり良いと思います。

全くやったことのない方は、最初ポーズを覚えるのに時間が要るかもしれませんが、私はクラスで習っていたので、馴染みのあるポーズばかり。
各コースに分かれているので、その日の体調に合わせて、初級だけを選ぶこともできるし、今日はちょっと頑張ってみよう!というときは、フル・メニューをやることもできます。呼吸法とともに指導してくれているので、比較的わかりやすいんじゃないかと思います。

ヨガの最大の利点は、ボディー・メイクだけではなく、体調を整え、基礎代謝を上げる効果があること。リラクゼーション効果もあり、キツイ運動が苦手な方にもお勧めです。

正直、食事制限ができない私には最高のダイエット方法です。
体重が劇的に落ちるわけではないけど、確実に締まりますし。
食事を減らして一時的に痩せても、代謝が落ちれば、余計に太りやすい体になってしまうんですよね。弛んじゃったりとか(^^;)。

なので、ダイエットを考えてる人には全員にお勧めしたいのがヨガ。

ここでわざわざ取り上げたからには・・・私も継続しないとね。
ちなみに、このDVDで実演してる女性、堀ちえみに似てます(笑)。


スポンサーサイト

テーマ:美しいボディラインをゲット! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

TOP
Elliott Yamin Video Recollection
すでに五代目アメリカン・アイドルは決定しましたが、しつこくAIネタ。

・・・というのも、ここ数週間の間、うちのブログに検索で来ていただく人の中でいちばん多い検索ワードが、Elliott Yaminなんですよ。
(彼は、シーズン5の第3位となりました。)

Elliott & Mary J (Fox Japanを見れる方は、来週の水曜日必見!)

20060528010939.jpg


テイラー、クリス、キャサリンのネタも書いてるのに、やっぱエリオットのファンも多いんですねー。白人ながら彼のソウルフルな歌声に魅せられた人がたくさんいるようで。私もその一人です(^^)。

というわけで、彼の歌を振り返ってみたいと思います。
(おまけで殿下映像なんかあったり・・・)

20060528022557.jpg


[続きを読む...]

TOP
Houston 復活??
Houston、覚えてますか?


Houston1.jpg


どうやら、ぼちぼち活動を始めてるようです。
彼の
My Space(オフィシャルと書いてはいるけど、真偽は不明。例の自殺未遂騒動について詳細に書いてるのが、どうもコピペっぽくて怪しい。)にて見つけた写真。

20060526113902.jpg


左目の辺りがちょっと腫れてません?
たぶん事件後に撮った写真じゃないかな。
とりあえず、義眼じゃないですよね?無事でよかった~。
隣にいるのは妹さんらしいです。

まずは音楽活動から。
彼の公式サイトには載っていませんが(というか放置状態ですね、ここ)、Burton Paulというアーティスト(Singer & Rapper?)の曲に参加してます。

Burton Paul My Space 
(プレイヤーの1曲目 "Should've feat. Houston")

声を聴けばすぐに、Houstonだってわかりますね。
なんだか懐かしい!


そして、kaiserさんのこちらのエントリーにもあるように、映画出演。

Tournament of Dreamsという青春バスケット映画に出演しているようですが・・・どうやら金銭問題で当初の公開予定(6月)には間に合わないみたい。いろんな人が出てるし、見たいんだけどな。

ん?主演はカール・ルイス??
tourna-dreams.jpg



こちらで映画のラフ・カットが見れます。
Houstonじゃなくて、The Gameが写ってますけど(笑)。

Houstonのなよっちい声、大好きなんですよねー。
早くまたアルバム出して欲しいな。

20060527223446.jpgHouston
It's Already Written
(2004年)


Houston "I Like That"



TOP
Amerincan Idol Season 5 : Final & Winner
コダック・シアターにて、アメリカン・アイドルの決勝が行われました。
公式サイトではレッド・カーペットの様子を生中継していて、まるでアワード並み・・・というか、それ以上の盛り上がりかも(笑)。


トップ2のKatharine McPheeTaylor Hicks
真ん中にいるのは、昨年の優勝者キャリー・アンダーウッド(カントリー歌手)です。
20060525131430.jpg


テイラーと一緒に歌ってるこの人は誰?
・・・と思ったら、なんとToni Braxton
20060525131710.jpg


トップ12の皆さんも参加し、歌ったそうです。
20060525131810.jpg


ParisとLisaもドレスアップして可愛い~♪
20060525131956.jpg


And the Winner is......


[続きを読む...]

TOP
Wild Orchid feat. Fergie from BEP - My Tambourine
以前、こちらの記事でご紹介したWild Orchid
BEPのファーギー嬢(ステイシー・ファーガソン)が参加していた女性ヴォーカル・グループです。

stacy_ferguson.jpg


アルバムの中でも、いちばんお気に入りのファンク曲"My Tambourine"のビデオ(PVではなく、montageですが)を見つけました。

Wild Orchid "My Tambourine"


音質も画質も悪いけど、この曲のカッコ良さとファージーのパワフルなヴォーカルぶりはわかるかなーと。


下のリンクは、デビュー曲"Supernatural"のMusic Video。
前半、60年代の白人の女の子風ですが、後半は変化します。ブルー・アイド・ソウルというコンセプトだからかな(笑)。いい曲ですよ。
Wild Orchid "Supernatural"



Wild Orchid Wild Orchid
Wild Orchid (1997/03/25)
RCA

この商品の詳細を見る



TOP
Gyaoで見た 『少林寺木人拳』
20060524154022.gif
初めて、Gyaoで映画を見てみました。

テレビと同じように、15分おきに1分くらいのCMが入るんですね。CMをスキップすることはできませんが、その他の部分では一時停止や早送り・巻き戻しができるので、ほぼDVD感覚で見ることができました。随分と字幕がデカいですね(笑)。見やすくていいですけど。

ということで、今回チョイスしたのはこの映画。
ちょうどジャッキー・ブーム到来なので、良いタイミング(笑)。

*この映画は6月1日正午まで試聴可能です。


■ど根性カンフー修行映画■

少林寺木人拳
少林寺木人拳
(1977年)
監督:チェン・チー・ホワ
出演:ジャッキー・チェン、ルン・ユァン他
お勧め度:☆☆☆☆★(4.5)

この商品の詳細を見る


【概要】
シリアスな正統派カンフーアクション。修行のために木人(木製の武道人形)と激しい戦いを繰り広げる名シーンがカルト的人気を得ている初期の傑作。

【感想】
結論から言うと、めちゃくちゃ好きです。この映画(笑)。
コミカルなスタイルを確立する前の作品・・・ということで、笑いの要素は全くありません。「木人」という、木でできた人形と戦うんですが、あれはやっぱ、中に人が入ってるのでしょうか? もし笑うとしたらあの陳腐な作りかな。でも、私は思いっきり映画に入り込んでいたので、笑いませんでしたよ。

ひたすら「真面目な修行と戦い」が繰り返されますが、それこそが好きなスタイルだったりします。

最初は弱い男が、
秘伝のカンフーを過酷な修行でマスターし、
最後には敵を倒す


・・・という、王道です(笑)。
無言で修行に耐える若いジャッキーが何ともいとおしい(*^_^*)。

20060524155837.jpg
でも、顔が違いますね。
彼って整形したんだっけ?
試合直後のボクサーみたいな目ですが、私はこの彼も嫌いじゃないな。何とも純粋で朴訥な感じで、役柄にも合ってるし。

でも・・なんだか見たことあるような顔だな・・・と思ったら、Rain(ピ)に似てるかも(笑)。



テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

TOP
American Idol 5 : Listening Party
これ、番組で歌っていたものをそのまんま収録かと思ったら、全てフルコーラスでちゃんとレコーディングしたものだったんですね。

今ならフル試聴可能です。

公式サイト:Listening Partyにて、全曲フルコーラス聴けます。
たぶん期間限定だと思うので、お早めに。


めっちゃ感動!みんな上手だわ~♪
それぞれの挑戦者が歌った中でも、好評だったものをピックアップしてるようで。

American Idol Season 5 Encores CD

20060523234435.jpg



( )内に、その人の得意ジャンルを記載してみました。これに限定した歌ばかり歌ってるわけじゃないけど、一応ね。

1. What About Love- Melissa McGhee (ロック、カントリー)
2. Superstition- Bucky Covington (カントリー、ロック)
3. I’m Every Woman- Mandisa (ソウル、ゴスペル)
4. Wanted Dead Or Alive- Chris Daughtry (ハードロック)
5. Father Figure- Ace Young (ポップ?)
6. Takin’ It To The Street- Taylor Hicks (ブルース、ロック)
7. Signed, Sealed, Delivered (I’m Yours)- Lisa Tucker (R&B)
8. Walkin’ After Midnight- Kellie Pickler (カントリー)
9. Moody’s Mood For Love- Elliott Yamin (R&B、AOR)
10. Think- Katharine McPhee (R&B、ポップ)
11. Midnight Train To Georgia- Paris Bennett (R&B、ジャズ)
12. When I Fall In Love- Kevin Covais (スタンダード?)



このCD収録の曲に関して、私のお気に入り度は:

1位・Elliott Yamin
2位:Katharine McPhee
3位:Chris Daughtry
4位:Paris Bennett
5位:Mandisa


という感じかな。でもみなさんホントに上手!
十分に聞き応えがありそうなので、CD買うかも。

さてさて、アメリカでは明日(日本時間では木曜の午後あたり)には、5代目アメリカン・アイドルが決まります。やっぱあの人だろうな・・と思いつつ(笑)。


TOP
Paula Abdul "Head Over Heel"
American Idolの紅一点審査員といえば、Paula Abdul(ポーラ・アブドゥル)。

20060523134214.jpg


『酔っ払い疑惑』なども出てるように、生放送中だと言うのに毒舌のサイモンと大ケンカしたり、喜怒哀楽の激しいキャラです。女性にも優しい言葉はかけますが、特に男性挑戦者が歌っているときのテンションが高く、好みの男性のときには必ず立ち上がって声援を送ったり、わかりやすい人だなーと思います(笑)。


ご存知のようにこの方、80年代には人気歌手でした。
ダンサー出身で、Janet Jacksonの振付師として注目を浴びたんだとか。

でも、どんな歌を歌ってるんだっけ?・・・とずっと思ってました。
確かに名前は何度も聞いてましたし、かなりの売れっ子だったはずのですが、代表曲とかヒット曲を全く覚えてないんです(^^;)。

ってことで、ブックオフで105円で落ちていたアルバムを救済してまいりました(笑)。でもこれ、リリースが1995年。彼女の「ラスト・アルバム」だそうで。でもまあ、彼女の歌がどういうものかはわかるかなーと思って。


20060523131812.jpg
Paula Abdul
Head Over Heel
(1995年)

良く言えばジャネット風・・・とも言えるのかなあ。
80年代Discoテイストを残しつつ、一応90年代R&Bで味付けして、ぶりっこ系ウィスパリングVioceを使って「雰囲気」で聴かせる・・・感じ?(笑)

このアルバム収録の"Crazy Cool"などを歌っているライブ映像がこちら。

Paula Abdul - Live in 1995


んー、Sexyだと思うけど、ポスト・マドンナと言われた割には中途半端かな(^^;)。残念ながらこのアルバムは商業的には失敗に終わり、ラストになってしまったそうです。でも、今の立場の方が楽しそうですよね?(笑)

それにしても・・・ポーラのデビュー曲Forever Your Girl、No.1シングルだったというStraight Upのビデオを見ても、ピンと来ない(というか全く思い出せない)のはなんでだろ?


やっぱ同じ80年代のダンス・ポップなら、こっちの方が私は好きです。

Janet Jackson "Miss You Much"


TOP
映画 『醒拳』 
J&J Projectに向けて、Jackie Chan映画をおさらいしておこう企画第一弾です。

FEARLESS_HYENA.jpg



コメント欄では度々触れていましたが、私は初期のジャッキー作品のファンでした。もう20年以上も前になりますね(笑)。2~3年という期間でしたが、ホントに大大ファンで、写真集(どこに行ったんだろ?)まで持っていたほど。実際、当時の映画雑誌では、「好きな俳優ナンバーワン」に選ばれるくらい人気者だったジャッキー。

特に蛇拳(1976)・酔拳(1978)・笑拳(1979)の3作品は、テレビでも何度も放映されていたこともあり、大好きでした。映画館で見たシリアス路線の龍拳(1978)も良かったです。

でも、プロジェクトA以降はほとんど(っていうか、全く)見てません。
別にキライになったわけじゃないんですが、興味の方向が他の方に向いて行ったんだと思います。

というわけで、今回借りて見た映画がこちら。
レンタル店で見かけたんですけど、「え??拳シリーズにもう一個あったの?」とちょっとビックリしました。


20060522011314.jpg醒拳
英題:Fearless of Hyena II
(1983年)

お勧め度:☆☆☆

かなりマニアックな映画ですね、これ(笑)。
どうも、途中出てくる「変装したジャッキー」がジャッキーに見えない・・・と思ったら、ホントに偽者だったようで(笑)。


もちろん、多くのシーンでホンモノのジャッキーも出てきますが・・・どうやら『笑拳』のシーンから拾ってきたり、いろいろ組み合わせてるみたい。なので英語タイトルも『笑拳2』みたいな感じになってます。正直、もう一度過去の作品を見てみないと、どのシーンがどうなのか確認できませんけど(^^;)。上の画像は『笑拳』のもの・・・だと思います。

この映画撮影途中で、降板したんだそうです(経緯はこちら)。それでも映画として出しちゃうあたりが、信じられないんですけど(笑)。

ただ、映画としてはさほど悪くないです。
復讐劇みたいな感じで、最後には壮絶なファイト・シーンもあるしね。っていうか、この戦いのシーンはどこから持ってきたんだろ?

情報求む(GEE-Qさん、ヨロシク!)・・・って感じの映画でした(笑)。

・・・でも、リンチェイ映画を見慣れた今、ちと動きが遅いように感じてしまう自分が悲しいです(涙)。それでもまだ見ますけどね。ちと視点を変えなくちゃ。
TOP
Quincy Jones "From Q With Love"
実は私、プロデューサーのお仕事内容をよくわかってないんです。
曲全体の構成を考えたり、アイディアを出してるんでしょうか?
それとも、この人に歌詞を書いてもらって、この人にビートを作らせる・・・といった指示を出してるのでしょうか?
どなたかに教えて欲しいくらい(笑)。

昔はとってもシンプルだったでしょ。
作曲家・作詞家・編曲家が分業制だったと思うし。
歌詞を考える人、メロディーを考える人、それに演奏を付ける人だって、意味もハッキリしてたのでわかりやすかった。

Quincy Jonesは、名プロデューサーとして知られてますよね。

MJQUINQI.jpg

マイケルの黄金期の曲なんて、ほとんどが彼の手のよるものらしいし。
なので、一体クインシーは、どこまでやってるのかなーって思って。
もし彼自身が、メロディーやアレンジも考えてるのなら、そりゃやっぱ物凄い人だなーと、今回このアルバムを聴いて思いました。

彼のベスト・ワークを集めた2枚組です。

20060521013019.jpgQuincy Jones
Best of Quincy Jones ~From Q With Love~
(1999年)

新旧の名曲が詰まったアルバム。
古いスタンダードっぽい曲もあるので、HipHopモードな時にはちょっと地味な印象だったんですけど、歌モードの今聴いたら最高でした!
参加してる歌手がやっぱ素晴らくて、お腹いっぱい。


<ディスク1>
( )内がアーティスト名です。

1. Septembro (Sarah Vaughn/Take 6)
2. The Secret Garden (Barry White/James Ingram/Al B. Sure!/El DeBarge/Siedah Garrett)
3. I'm Yours (Siedah Garrett/El DeBarge)
4. Baby, Come To Me (Patti Austin/James Ingram)
5. You Put A Move On My Heart (Tamia)
6. Velas (Toots Thielemans)
7. Moody's Mood For Love (James Moody/Brian McKnight/Take 6/Rachelle Ferrell)
8. Liberian Girl (Michael Jackson)
9. Love Dance (George Benson)
10. One Hundred Ways (James Ingram)
11. Rock With You (Brandy/Heavy D)
12. The Lady In My Life (Michael Jackson)
13. The Shadow Of Your Smile (Frank Sinatra )


まあ、ご覧の通りの豪華なメンツだし、全て名曲だと思います。
その中でも、私個人のディスク1のハイライトは、7と11です。

まずは"Moody's Mood For Love"
これはアメリカン・アイドルの中でエリオット・ヤミンが歌っていたJazzyな名曲。エリオットも素敵だったんですけど、やっぱプロは違いますねえ。Brian McKnightのヴォーカルが素晴らしいです。さりげないんだけど、めちゃくちゃカッコいい。

そしてBrandyによる"Rock With You"のカバー。ぶっちゃけ、オリジナルのマイケルより良くないですか?(笑) 彼女のCOOLな歌に絡む、Heavy Dのオンビートのラップが最高に心地よい名曲だと思います。


<ディスク2>

1. How Do You The Music Playing? (James Ingram/Patti Austin)
2. Something I Cannot Have (Catero)
3. Human Nature (Michael Jackson)
4. Everything Must Change (Benard Ighner)
5. I'm Gonna Miss You In The Morning (Luther Vandross/Patti Austin)
6. Everything (Tevin Campbell)
7. Just Once (James Ingram)
8. If This Time Is The Last Time (Patti Austin)
9. Somewhere (Aretha Franklin)
10. Heaven's Girl (R. Kelly/R. Isley/Aaron Hall/Charlie Wilson)
11. Prelude To The Garden (From 'Q' With Love)
12. Sax In The Garden (Barry White/Kirk Whalum )
13. At The End Of The Day (Toots Thielemans/Barry White/Mervyn Warren )


ベタだけど、やっぱ"Human Nature"は最高ですね。イントロで高揚してきます。

あとJames Ingram。あんまりこの人のことを知らないのですが、"Just Once"は誰もが耳にしたことのある名曲ですよね。

んで、このビデオを探していたら、こんなのを見つけました。
Rain(ピ)はジェイムス・イングラムの大ファンだそうで、よくライブなどで歌うのだそうです。
いかがでしょう?

Rain - Just Once



最後は、ディスク1収録のこの曲。
Barry White、James Ingram、Al B. Sure!、El DeBarge、Siedah Garrett参加という超豪華な曲です。

Quincy Jones - The Secret Garden


このメンバーを集めただけでも、Quincyって凄い人ですよね。
んでも、別にQuincyが歌ってないのに、ビデオのクレジットはQuincyなんだ??(笑)。





TOP
On Demand TV
嗚呼!みなさん、知ってました?
NTTのフレッツに加入してる人に提供されるサービス。

On Demand TV

光ケーブルを使って、自宅のテレビでMTVやFOXといったチャンネル、そしてビデオが見れるサービスだそうです。
このサービスの特徴は、プロバイダを限定しないこと。
Yahoo BBでそういうサービスをやってるのは教えてもらったんですが、今のプロバイダのままで出来るプランもあったんですねー!!


あと一ヶ月前に知っていればなあ(涙)。
アメリカン・アイドル、あと2週間で終わっちゃうじゃん。
再放送してくれるでしょうか???
チャンネル数は、スカパーやケーブルより少ないけど、私はMTVとFOXが見れればそれで十分なので、契約しようかと思ってます。


TOP
【追記あり】 成龍×李連杰 The J & J Project始動
【追記】
ジャッキー・チェン公式サイトにて、彼のマネージャーが共演の事実を認めたそうです。
(遠野さん、いつも情報ありがとー!!)

【ジャッキーのマネージャー談話】

長い間、ジャッキー・チェンとジェット・リーというスーパースターを共演させようと、多くのプロデューサーがアイディアを持ってやって来ていた。ふたりとも共演には意欲的だった。そして今回、ようやくプロジェクト参加に合意した。製作時期・脚本などはまだ最終決定段階ではない。しかし、一日も早くこのプロジェクトが実現するよう、みんなで祈ろう!


***************************************************


香港アクション映画を代表する二大スターと言えば、Jackie Chan(成龍)とJet Li(李連杰)。

20060519113040.jpg


この二人はけっこう仲が良いそうで、これまで何度も共演説が出ていましたが、ここに来て本格的に『次回作で共演』が実現しそうなニュースが入ってきました。

ソースはSina.comETTodayといった中国サイトで、AP通信が世界に伝えたものらしいです。

今回は「正式発表の日程も決まっている」との報道なので、信憑性が高いのではないかと思います。もちろん、ホントに発表になるまではまだわかりませんが。 っていうか、ホントだそうです(笑)。

【各記事の要約】

5/16(AP通信)

ジャッキー・チェンとジェット・リーという二大スターが共演するようだ。当面は"J&J Plan"もしくは"J&J Project"という名称で呼ばれる。
彼ら初の共演作品に向けて、現在はまだプロットなどのアイディアを出し合っている企画段階だが、撮影は来年には行われると言う。

ジャッキーは、「ラッシュ・アワー3」撮影後にこのプロジェクトに参加。ジェット・リーは、この映画のためにハリウッドからのオファーを数件断わったと見られる。彼らは長年、このプロジェクトを実現するために話し合いを重ねてきたようだ。

5月28日から行われるカンヌ映画祭で正式に発表される見通しだ。
ジェット・リー、ジャッキー・チェンの関係者は、報道陣から問い合わせに対して、即答は避けている。

この二人は、香港で成功を収めた後、ハリウッドでも人気を博している。北京雑技団で訓練したジャッキーは、コメディーを交えたファイティング・スタイルの先駆者である。一方ジェットは、中国での武術チャンピオンとしても知られる。


確か4~5年前だったと思いますが、リュック・ベンソンの脚本で二人の共演映画が作られるといった話も出てたようですが、いつの間にか立ち消えに・・・。個人的には、リュックでない方がいいな(笑)。
ジャッキーも参加するのですから、思いっきり香港スタイルの楽しい映画を作って欲しいと思うのですが・・・、みなさんどうでしょう?

とりあえず、正式発表待ちですね。
実現したらホントに嬉しい!!


TOP
American Idol Season 5 "Top 3"

20060518122935.jpg


American Idol Season5。とうとう、TOP3まで来ました。
FOX JAPANは見れなくなったのに、しつこくネットで追いかけてます(笑)。

残った3人は、全員白人。
ですが、ロックやカントリーといったジャンルよりも、むしろ若干ソウル寄りの曲を好んで歌う傾向にある・・・ような気がします。

american-idol-top-3.jpg


もちろん、デビューしても「R&B歌手」というわけでもないでしょうが、器用にスタンダードやジャズ、ポップスもこなす人たちなので、誰が優勝しても、アメリカ人全般に受ける歌手になりそうな・・・気がします(笑)。(個人的見解です)


今回のアメリカ放送分では、ひとり3曲を歌うという企画でした。

★1曲目は自分で選んだもの。
★2曲目は、審査員が選んだもの。
★3曲目は、プロデューサーClive Davisが選んだもの。



まずは、ただ一人の女性挑戦者となったKatharine McPhee
20060518130149.jpg

曲名クリックでビデオが見れます。

1) I Believe I Can Fly
2) Somewhere Over The Rainbow
3) Ain't Got Nothing But The Blues

個人的には3曲目が良かったと思います。


そして、Elliot Yamin
20060518130201.jpg


今回は、HipHopのサンプリング等でも頻繁に使われる、ボビー・コールドウェルのWhat You Won't Do For Love も歌ってますよ!

正直、最初は影が薄かった彼。
しかしオーディションを通じてどんどん洗練されてきて、最近は「セクシーかも・・・」とさえ思います(笑)。歌自体はとっても上手だし、正直で優しそうなキャラも魅力です。

1) Open Arms
2) What You Won't Do For Love
3) I Believe To My Soul


最後はTaylor Hicks
20060518130214.jpg


全身全霊を込めたパフォーマンスが支持を集めてます。
実を言うと、私はちょっと飽きてきたんだけど(笑)。

1) Dancing In The Dark
2) You Are So Beautiful
3) Try A Little Tenderness


そして、すでに結果は出てます
ファイナルに残るトップ2が決まりました!!

見たくない方はご注意。

こちらから↓↓

[続きを読む...]

TOP
Baby Jin (Jin's Mama)
追記
プレイヤーを付けると、ページが激重になるようなので、試聴リンクだけにしました。
(右クリック保存可)

Tupacの名曲"Dear Mama"の、Jinによるカバーです。

"Jin's Mama" (circa '04)


昨日は母の日でしたねー。
私は娘から、ピアスを2個もらいました♪(嬉)

ところで、アメリカでも同じ日が母の日なんですね!
今回初めて知りました。
ってことで、Jinが、My Spaceに赤ちゃんの頃の写真をアップしていたので掲載します。

可愛いすぎ!新生児ラブ♪な私にはたまらない画像です。

Jin and Mom
20060515124239.jpg


ああ、抱っこしたいー

そして現在のJinクン。
今でもハグしたいですけど(笑)。
20060515124936.jpg


TOP
Mariah Carey ペプシCM

20060515152830.jpg



マライア姫、歌もビデオ映りも相変わらず絶好調ですね!

Mariah Carey PEPSI Commercial




TOP
Rogue Set Pictures
カナダにて撮影中のJet Li次回作、Rogueのセット写真です。

Jason Statham(ジェイソン・ステイサム)
20060514210820.jpg


Jet Li (ちょっと悪役っぽい表情してるかな?)
20060514210904.jpg


アクション監督Corey Yuen(コーリー・ユエン)と
20060514210949.jpg


TOP
バトン & Chris Daughtry
まずはバトンから。
Jinファン仲間の毛が3本さんからいただきました。
特にタイトルはないようです。

まず、「Jinとジェット・リーではどっちが好き?」
という質問をいただきましたが・・・決められません(笑)。
共通点は『世界最高峰の技術を持っているが、気取らず気負わず、気さくなジェントルマンであること』ですかねー。


■このバトンを回す5人は??

funkshopさん
maimaiさん
JJさん
keiちゃん
kinoさん


■名前は??

めぐみです。本名です。
ミクシイでrhyme_flowという名前を使っていますが、どうも変だと、
自分でも思います(^^;)。
リアル友より、「意味がわからん!」と言われました。
そりゃ、そうだよねー。ラップ聴いてる人じゃないと意味不明かも。


■いくつデスか??

もともと、あんまり隠し事するのが好きじゃなくて、
そのまんまの天然・正直キャラなのですが・・・
年齢に関しては、数年前から大きな声では言わなくなりました(涙)。
小学校6年生の娘がいるということで、だいたい想像してください。


■職業は??
 
事務員。
新職場ではまだおとなしくしておりますが、そのうち牛耳る予定(笑)。
と言っても、本社から支社勤務となったので、責任の範囲が狭まりましたねえ。ラクだけど、つまんないかも。
家にいるより職場にいる時間が好き・・・というくらい、事務処理が大好きです!


■趣味は??

◎音楽
Black Music中心。ポップなものもたまに。
◎映画
分野は問いませんが、ホラーだけはダメ。あと、子どもと動物が悲しい目に遭遇する映画は絶対に見ないようにします。テレビのドキュメンタリーでもそう。
◎ネット
今から9年ほど前に始めてから、ほとんど途切れなくネットに入り浸り状態です。フレッツが始まるずっと前、「テレホーダイ」というプランが開始したときはホントに嬉しかったなあ。
◎お酒
いちばん好きなのは、ワインと日本酒。あと、ビール。
だけど飲みすぎて酷いことになるので、普段は焼酎です。


■好きな異性のタイプは??

この質問、いろんなバトンに出てきますねー!
何度も言ってますが、性格良くて、痩せ型の人です。
天然な感じの方が好きかなあ。
プライド高い人とか、物事を遠まわしに言う人や、謎めいた自分(笑)を演出する人は、ホントに苦手。


■特技は??

タイピングがちょっと早い・・・くらいかなあ。
あんまりないです。


■資格は??

自動車の普通免許と教員免許。


■悩みは??
ありません。
ある時から吹っ切れて、ホントに悩まなくなりました。
現実を直視して、できることとできないことを判断する。
出来ることは、自分として最大限に努力する。
そしたら後は、なるようになるものです~♪


■好き・嫌いな食べ物は??

好き→パスタ(と全ての麺類)、カレー (炭水化物・命)
  
嫌い→納豆(他、ネバるもの)、果物(の80%)、ヨーグルト

 
■愛する人に一言

一生、付いてきてね。


■紹介する人をご紹介

funkshopさん:一度もお会いしたことはないけど、人見知りの私でも、初対面で打ち解けられそうな雰囲気。バトン受け渡し率No.1。

maimaiさん:ネット上の可愛い妹的存在。放っておけません(笑)。でも、音楽と映画の知識は、私とは格が違います。尊敬!

JJさん:私にとっては、東京のお洒落なOL代表・・・のような存在。CanCamとか、JJに出てくるような生活をしているイメージの美麗なお姉さま。

keiちゃん:ブログタイトルそのまんまのFoxy Lady。ファレル命のお洒落なお姉さんです♪

kinoさん:最新チャート・最新ビデオなどを、とっても分かりやすくまとめてアップしてくれてます。世間の情報に疎い私の、私の貴重な情報源。


お時間あるときに、よろしくです~♪


**************************************************

さて、ここからは、アメリカン・アイドルのネタバレを含みますので、日本でチェックしてる方は、来週水曜日の結果が出るまでは見ないように!


こちらから↓↓


[続きを読む...]

TOP
BeatBox & 『指定バトン』
新しい職場に移ってから、まだネット環境が整っていません。
プロバイダー契約もOKだし、もともとつながっていたんだけど、どうもBeatboxとかいう機械の調子が悪いらしく。

これ、社内LANのセキュリティー(っていうの?)のための装置らしいんだけど、管理者(本社)の方で、『仕事と関係ないアクセスを禁ずる』とかいう設定ができるらしく・・・(汗)。
ネット復帰しても好きなページ見れない可能性あり?

というわけで、ネット接続は家からのみ・・・となったため、登場回数も更新回数も落ちてます。情報入手の時間もあまりなく、みなさんのブログ巡回、コメントなどもできなくてごめんなさい(^^;)。

で、ネタ切れしていたところに、funkshopさんより、バトンをいただきました。ありがたく、やらせていただきます。


『指定バトン』

■■■ [指定型★バトン]のルール ■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

お題は「ジェット・リー」

的確な指定、どうもありがとうございます~(笑)。



20060510005058.jpg◆最近思う【ジェット・リー】
最近、43歳のバースデイを迎えられました。
見た目・アクションともに若いですねー。
精神的にはだいぶ疲れているんじゃないかと思ったのですが、『瞑想』があるから大丈夫でしょう♪

それと、SPIRITのDVD発売が決定しました。
ジェイ・チョウによるオリジナル主題歌を収録とのことで、これは購入必至。劇場でもオリジナル見たいんだけどねー。


◆この【ジェット・リー】には感動!!!!
アクション・シーンではいつも感動してます(笑)。
動きにいちばん感動したのは、やっぱ「少林寺」。


◆直感的【ジェット・リー】
最新作「Rogue」に、ホントは納得してないんじゃないかな?(笑)


◆こんな【ジェット・リー】は嫌だ!
実は「隠し子」がいた・・・とか。
あり得ませんね。
むしろ、イヤ!と思うようなことをしてくれたら、意外性に萌えるかもしれません。


◆この世に【ジェット・リー】がなかったら・・・
延々とカンフー名人が出てくるようなドキュメンタリーを見ることもなかったでしょう(笑)。


◆次に回す人、5人(『指定』付きで)
遠野さん『リー・リンチェイ』(要するに同じ?)
kaiserさん『ジェシカ・アルバ』
KATSUさん『安室奈美恵』
GEE-Qさん『Black Movie』
Ko-Sukeさん『Jin The Emcee』


こんなもんでいかがでしょうか?お時間あるときに~。


TOP
Lisa Tucker & Paris Bennett
American Idol Season 5にて、惜しくも敗退した黒人の女の子Lisa Tucker(16歳)とParis Bennett(17歳)。リサはトップ10、パリスはトップ5の時点で落選しました。個性は違いますが、ふたりとも才能豊かな10代で、将来有望です。

早速、トーク・ショーなどに引っ張りだこのようで、映像がありました。

Paris Bennett on the Ellen Degeneres Show
(評判の良かった、"Midnight Train to Georgia"を、ピアノ伴奏で歌っています。彼女はいつもお洒落で、ファッションでも楽しませてくれました。)



Lisa Tucker - Good Day NY
(落選の翌朝、朝のワイド・ショウのインタビューに登場しました。パリスとはルームメイトで、まるで姉妹のように仲が良かったと言ってますね。)



アメリカでは、そろそろトップ3が決まります。
誰がアイドルの座を得るのでしょうか。
フォックス・ジャパンは見れなくなったけど、ネットでチェックしてるだけでもやはり楽しいです♪
TOP
Jet Li インタビュー (次回作Rogueについて)
Jet Liが、次回作Rogueについてのインタビューを受けていましたので、翻訳してみました。どうやら、英語で受けたインタビューのようで、一部ブロークンな箇所があるため、意訳した箇所もあります(笑)。間違い等ありましたら、ご指摘くださいませ。

故・アリーヤについても語っていますので、お時間がありましたら、ぜひ読んでみてください(^^)。

ソース:joblo.com

***********************************************

俳優ジェット・リーは、映画の中では武術のマスターである。時に冷たい目線で相手を見据えることもある彼だが、現実のジェットは、紳士そのもの。仏教を信仰する彼は、映画のキャラクターとは全く反対の人物で、繊細で穏やかに話をする。まるでヒーリング・クラスの講師にでもなれそうな彼が、次回作「Rogue」では、アジアのギャングを演じる。

このインタビューでは、次回作のタイトル・キャラクター(暗殺者ローグ)を演じること、いわゆる「武術映画」と離れること、忙しいスケジュールの中で瞑想する時間をどうやって確保しているのか、などを語っている。


rogueset1.jpg




Q:次回作は、武術映画ではなくアクション映画ですね。この映画「ROGUE」はあなたにとって、これまでの作品とどう違うのでしょうか?

初めて演じるタイプの役柄です。現段階で、私はこの男が良いのか悪いのかわかりません。それは、映画を見た観客が、後で判断することだと思います。
何らかの理由で、ROGUEが非常に暴力的なキャラクターである、ということだけはわかりますが。

これまで、いろいろな役柄を演じましたが、多くは明らかに良い人間でした。香港映画では、警察官や中国マフィアなどの役柄もありましたが。この映画と武術映画では、かなり違いますね。

20060507015746.jpg最近、Fearlessという映画を撮りました。これは単なる武術映画ではなく、もっと哲学的で、武術をどのように使ったらいいのかを伝えています。暴力に使うのではなく、人々を助ける手段として武術を使う道があるのです。「武器」と同じですね。武器そのものに、善悪はありません。それを使う人間によって良くも悪くもなるんです。武術には、背景に文化というものがありますし。

そういった意味で、今回の映画は、武術映画ではないですね。アクション映画だと思います。

Q:あなた自身は、とても紳士的で哲学的なタイプに見えるのですが、ローグのように暴力的なキャラクターを演じるのは、どれくらい難しいのでしょうか?

かなり難しいですね。
でも私は俳優ですから、仕事としてやらなくてはなりません。
「リーサル・ウェポン4」でも、悪い男を演じましたし。

8年前に私は仏教徒になりまして、「暴力は唯一の解決方法ではない」といつも思ってきました。ダニー・ザ・ドッグやFearlessでは、そういった私の個人的な信念が伝えられていると思います。

それが突然、非常に暴力的な役柄になるわけですから、葛藤はありました。映画のセットに行くと、私は自分が「ジェット・リー」であることを忘れなくてはなりません。ローグの世界に入り込みます。そして家に帰ると、「こういうことをしているけど、この役柄は僕自身ではない」と思うわけです。

Q:ファイト・シーンを演じているときに、やり過ぎて実際に共演者を殴ってしまったことはありますか?

アクション映画を作っている人間が「誰も傷つけたことがない」というのは、絶対に嘘ですね(笑)。実際、ありますよ。ただ、アクション俳優が怪我をすれば、病院に行って手当てをしなくてはならないし、製作もストップしてしまいます。

Q:武術映画から離れて、アクションの才能を生かした映画を作るというのは、本当なのでしょうか?

私が言ったのは「FEARLESSが最後の武術映画になる」ということなんです。あの作品には、私の全てを注ぎ込みました。信念、精神力、もちろん体力的にも。全てがそこに詰まっているんです。
8歳から武術を習い始めて、映画の中でも、武術家の役を本当にたくさん演じてきました。そういった私の人生での経験を、FEARLESSに凝縮したんです。
中国語(漢字)で、武術というのは、「戦いを止める」と書くんです。争いをやめさせる手段が武術なんです。字が表す通りのことを映画で実現したので、武術映画としては、これが最後になりますね。

ですが、今回のROGUEのようなアクション映画は、今後も撮り続けるつもりです。

Q:前回あなたがバンクーバーにいたときは、ロミオ・マスト・ダイを撮っていましたよね。ROGUEという作品を撮るために、もう一度ここで仕事をするというのは、どんな感じでしょうか?

バンクーバーにはたくさんの思い出がありますね。
美しい町で、たくさんの人と一緒に仕事をしました。

20060507015854.jpg

しかし、何と言っても思い出すのがAaliyah (ロミオ・マスト・ダイでの共演者で、22歳のときに飛行機事故で亡くなった)です。彼女と共演したときの気持ちが、まだここにあるように感じます。数ヶ月一緒にいましたが、彼女は本当に才能のある女の子でした。ロケ地を通るとき、毎日のようにアリーヤのことを考えています。

Q:個人的に、やってみたい仕事などはありますか?

僕がやってみたいことには、誰も賛成しそうにないんです。だから今のところ出来ないことなんです。例えば、「ニューヨークのお坊さん」の映画とかね。実際、7年間この案を出し続けているのです。演技もせず、暴力もなく、スタジオに入ることもない映画の案をね。ところが、誰も関わりたがらないんです。
だから、自分で実現するしかありません。興行成績の良い映画を撮って、お金を貯めて、自分で作りたいと思いますよ。

Q:あなたの公式サイトを見ると、その多くが精神的なライフスタイルについて書かれていますよね。そのような忙しいスケジュールの中で、心や肉体、精神について考える時間をどうやって見つけているのですか?

毎朝起きて、映画のセットに行くのですが、車に乗ったときに必ずお祈りします。どこに行っても、どんなに忙しいときでも、瞑想する時間はあります。瞑想というのは、座った状態で誰にも邪魔されずにやるものだとみなさん思われているようですが、実際は、誰かと話しているときでも、心の中で瞑想できるんです。天気やスポーツや、映画について話しているときでも、自分の心を清浄な状態にすることは可能です。


Q:今回の映画の中では、随分早い車(スパイダー)を運転していますが、どうでしたか?

ローグは大好きみたいですね。ジェット・リーは好きじゃないですが(笑)。


****************************************************

【ROGUE基本情報】

製作: 2006年 カナダ・バンクーバーにて撮影
監督: Philip G. Atwell
脚本家: Lee Anthony Smith, Gregory J. Bradley
出演: Jet Li, Jason Statham, Nadine Velazquez, Andrea Roth, ケイン・コスギ
ジャンル: アクション、スリラー




TOP
『約束 わが娘・安室奈美恵へ』
安室奈美恵ちゃん。
正直、彼女のアルバムを買うようなファンではないですけど、なぜか気になって仕方がない存在。

20060504014702.jpg



たぶん、長女が赤ちゃんの頃に「ポンキッキーズ」に出てた・・・というのが大きいですね(笑)。本人はイヤだったようですが、ウサギさんの格好がすごく似合って可愛かった~!!
そんな彼女が、いつの間にやらスターになって「アムラー現象」なんてものを引き起こし、電撃的に結婚して若くしてお母さんになって、復帰して、離婚して・・・。

でも安室ちゃんが、実はクオーターだったと知ったのは最近のこと。
KATSUさんのBlack Flavorのこちらの記事で、「異国の血を引く」と書かれていて、今さらながらビックリしました。確かに日本人離れした顔立ちではあるけど、沖縄独特の容姿なのかなーと思っていました。

そこから興味が沸き、彼女のお母さんである平良恵美子さんが書いたエッセイを読んでみました。


20060504015048.jpg
約束 わが娘・安室奈美恵へ
平良恵美子:著
(1998年)

感動しました!
安室ちゃんが母子家庭出身で苦労人であることは、何となく知ってましたけど、これほど壮絶な状況だったとは・・・。


【概要】
安室奈美恵の母が初めて綴った「娘への思い」。
「東京で三年間だけやらせて」と誓って、泣きじゃくりながら家を飛び出した娘は、数年後、歌手・安室奈美恵として芸能界の頂点に輝く…。安室の沖縄時代から、現在の結婚生活までを、彼女の母である著者が綴る。

【感想】
実は私自身も、かなり貧乏な母子家庭出身だったので、凄くわかるんですよねー。お母さんの思いやら、聞きわけの良い子を演じていた子ども側の思いやら。

平良恵美子さんは一般の方なので、特に文章が上手なわけではありませんが、ひとりの母としての娘への思いが素直に伝わる本だったと思います。母として苦労はしてきたけど、娘の苦労にもちゃんと思いを馳せている点が、好感持てました(^^)。

例のクオーターの件ですけど、安室ちゃんの祖父にあたる人が、白人だったそうです。ただ、誰なのかということは、最後まで安室ちゃんの祖母(平良さんの母)は言わなかったそうなので、アメリカ人なのかイタリア人なのかもわからないそうです。

安室ちゃんの幼い頃の苦労話というのは、何となく聞いてましたけど、「アクターズ・スクールに入れるくらいだから、さほど貧乏でもなかったんだろう」と、勝手に思ってました(^^;)。
でも実は、特待生扱いで、アクターズ・スクールの社長が特に見込んで「授業料無料」で入れていたそうなのです。しかも、バス代も出せないという状況で、安室ちゃんは本当に往復3時間の道、ひとりで歩いて通っていたそうな(涙)。

それでも通いたかったくらい、ダンスや歌が大好きだったんですよね。
Janet Jacksonには特に憧れていたそうで。
実際に、会えたのかな?

みなさんご存知の通り、平良恵美子さんは、不幸な事件に巻き込まれて亡くなってしまいました。1999年のことで、この本を出版したわずか半年後。孫の温人君には会えたでしょうが、これから成長を見守りたかった・・・というときだと思うので、本当に残念でした。

ちょうど、安室ちゃんが歌手復帰した直後のことで、その後にSAMさんとも離婚しており、母と夫の両方を失って、彼女はどうなるのだろう?と他人事ながら心配をしていました。
でも、彼女は一人っ子じゃなくて、お姉ちゃんとお兄ちゃんがいるそうで、頼りになる身内がいたのが本当に救いだったろうなーと思いました。

今、安室ちゃんは好きだったHipHop、R&B分野に積極的に取り組んでいるようです。たぶん、アイドルよりこっちの路線の方が本来やりたかったことだと思うし、今後も頑張って欲しいですねー。
できるなら、再婚してまた子ども産んだらいいじゃないかな・・・と。
なんとなーく、彼女の表情にはどこか陰りがあって、それが魅力なのかもしれないけど、ホントに幸せになって、心からの笑顔を見せて欲しいと願ってしまいます。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

TOP
映画 「カリートの道 暗黒街の抗争」
超・久々の映画ネタです。
以前、こちらでレビューをしました「カリートの道」の続編・・・と言いますか、若き日のカリートを描いた作品です。

■ギャングスタ映画としては優秀作品■
20060502000708.jpg
カリートの道 暗黒街の抗争
(2005年)

監督:マイケル・スコット・ブレグマン
出演:ジェイ・ヘルナンデス、マリオ・ヴァン・ピーブルズ、ショーン・コムズ他

お勧め度:☆☆☆☆


【概要】
「スカーフェイス」「カリートの道」のプロデューサーが放つギャングスター大作。麻薬王カリート・ブリガンテの若き日々を描く。ラテン俳優として人気急上昇中のジェイ・ヘルナンデスショーン・コムズ(別名:パフ・ダディ)、さらに8月末の親子来日が話題になったブラック・ムービーの新気鋭監督、マリオ・ヴァン・ピープルズが熱演。

20060502001345.jpg



【感想】
正直、アル・パチーノ主演の「カリートの道」が素晴らしかったので、あんまり期待してなかったのですが・・・これが、なかなかの出来。私は、「スカーフェイス」よりも「カリートの道」の方が好きなのですが、それは主人公カリートの人間性によるものだと思うんですよね。

で、若きカリートを演じるジェイ・フェルナンデス、なかなか良かったです。のし上がりたいという向上心はあるけど、人情味があって女性にも優しいキャラクターを、忠実に演じていました。なかなかハンサムでもあります(笑)。

そしてもちろん、マリオの存在感もありましたし、ディディも好演しておりました。ストーリーもわかりやすく、感情移入しやすい映画なのではないかと思います。

20060502001829.jpg



レンタル版で見たのですが、特典映像も充実しています。
1960年代のNY・ハーレムを再現する苦労など語られていて、こちらもかなり面白かったです。
カリート・ファンの方はぜひチェックしてみてください(^^)。


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。