Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Dedicated to Virginia Tech Victims
全世界に衝撃を与えた、ヴァージニア工科大学の銃乱射事件。
将来のある若者達が静かに勉強をする大学構内という場所で、このような惨劇が起こってしまうなんて、本当に残念です。

20070418193023.jpg


さて、Jinクンの行動の早さにはいつも感服させられるわけですが、いち早くこの事件の犠牲者に捧げる歌をMy Spaceにアップしております。

ダウンロードも可能になっております。
ぜひチェックしてみてください。

以下、私が聞き取れる部分だけをピックアップし意訳してみました。

4/16の朝。
起きてCNNをつけ、このニュースを知った。
まるで夢を見ているかのようだった。悪夢だ。

家族や友人は、君たちのことを思い出し、
トーチを掲げ祈りを捧げるだろう。
悲しみは消えないが、今君たちは、この世界よりも
もっと良い場所にいるのだと信じたい。
この火を消さないように、雨よ止んでくれ。

兄弟姉妹たち、なぜ人が人の人生を奪えるのだろう?
ほんのちょっとでもいい、Faithを持ち続けなければ。

いつになったら、赤ん坊が微笑み続けられる世の中になるのだろう。
夢想家と言われるかもしれないが、
雲の合間から太陽が見えるように、
平和な世界がそこにあると信じたい。



やっつけ仕事なので、間違い等あってもご容赦ください。
リリックがアップされたら、正確な翻訳を載せたいと思います。
(ディクテーション出来る方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!)

スポンサーサイト
TOP
【追記あり】 "ABC" by Jin
【追記】
アルバム「ABC」をUnderground HipHop.comにてプレオーダーすると、なんと、DVDがボーナスとして付いてきますよー。
ずーっと欲しかったKnowing is Half the Battleです。こりゃ、注文しないとね♪


久々、Jinネタです。

20070131190810.jpg

My Space限定CDをリリースしたり(今現在はCD Babyでも取り扱い中)、精力的に活動中の彼ですが、2月には、全編中国語(広東語)のアルバムを出すことになりました。

ファースト・ビデオは、ABC(American Born Chinese)。
アルバムと同タイトルですね。
MTV Chi.comにて公開されました。

Jin "ABC"


いかがでしょう?
キレの良いフロウは広東語でも全く変わりませんね。
トラックも悪くはないし、時々挿入されている「幼い頃のJin」の写真がとっても可愛いです。

でもやっぱ、ここはリリックが大事・・・ということで、見て行きましょう。


[続きを読む...]

TOP
100 Grand Jin
今年6月ごろ発売予定だったJinのCDが、ようやく発売されました。
日本のアマゾンでも取り扱いされてますねー。良かった!
My Spaceですでに発表された曲が多く、ミックステープ的な内容です。
その割には、ちょっと高いけど、海外サイトで買うよりは安いですね。
(送料負担がない分)

100 Grand Jin 100 Grand Jin
Jin (2006/08/29)
Draft

この商品の詳細を見る


ついさっきまで在庫が一個でしたが、私が注文しました(笑)。
でも一週間くらいで取り寄せできるみたいですね。

さて、この作品と全編中国語の「ABC Project(仮題)」以外にも、新作アルバム制作に取り掛かっているようです。
私的に傑作だったと思う"Top 5"のような曲があればいいなあ。
次もPropergandaレべルの作品になることを願っています。

TOP
Jin in Suit
珍しい・・・というか、初めて見たJinクンのスーツ姿。

渋い?

20060902131606.jpg


全身写真も。まあ、悪くはないかな。
首のタトゥーがなければ、どこにでもいそうな会社員風。

20060902131654.jpg



手抜きパート2でした。

TOP
Freshwater Rapscallians & Snacky Chan
先日(7月15日)、ニューハンプシャー州のDartmouth Universityに、アジア系を代表するラッパー達が集まり、ライブが行われました。
「A Dartmouth Summer Arts Festival 2006」という大学内の芸術祭で、特にアジア文化に焦点を当てた企画だったようです。

Freshwater.jpg



出演したのは下記のアーティスト。

Jin-and-Chan.gif
Jin The Emcee
Far East Movement
Snacky Chan
David Choe


最後の、David Choeさんはラッパーじゃなくて「芸術家」みたいです。
ポスターに名前が載っているということは、彼の芸術作品を背景にラップ・ショウが行われたのでしょうか。どういう風にコラボレーションしたのか気になります(笑)。

JinやFar East Movementは今までもご紹介してきましたが、今回初めてちゃんと曲をチェックしたのが、Chan
上の写真で、Jinの左側にいる人です。
(この頃のJinが凄く痩せてるのに感動:笑。最近また戻りつつあるとは思うけど・・・)

見た目はホントに普通のアジア人ですが、聴いてビックリ。
全くアジア人っぽさを感じさせない、NYスタイルのハードコアなFlowです。Jinよりも黒人っぽいというか。

Chan "Lonely Road"



公式サイトのTracksのページでは、Jinとの共演曲なども聴けますよ。
My Spaceでも試聴可能。どれもカッコ良いと思います。

アルバムも発売されたばかりみたいですね。
Raptivismって、やっぱインディーなのかな。

20060718010902.jpgSnacky Chan
Politickin', Vol. 1
(2006年6月)

TOP
Jin 最新インタビュー
Jin、最新のロング・インタビュー翻訳です。
オリジナルの英文を読みたい方は、HipHop Gameへどうぞ。
(以前、ここに載せた内容と重なる質問や回答の翻訳は割愛しました。)

20060616130507.jpg



今回はちょっと新しい発見というか、事実が出てきたんじゃないかなあと思います。

ポイントとしては

1)バトルに対する考え方が変化した
2)リリース・スケジュールの変更


という感じかな。

1)は本文を読んでもらうとして。
2)に関しては、「6月に出るはずだったミニ・アルバム」には全く触れていないのが気になったのですが・・・。

一応、Underground HipHop.comに詳細がありました。

20060616153919.jpgJin The Emcee
'A Couple Songs And Some Freestyles' (CD)
(2006/7/18 リリース予定)

リンク先を見てもらうと曲名が出てきますが、この内容だと、すでにMy Spaceでダウンロード可能だった曲の寄せ集めっぽいですね(笑)。それでかなあ・・・あんまり熱心に宣伝してないのは。

最近はCarl Choiとのアジア圏での活動が増えていて、中国語のアルバムに集中しているようですね。

もちろん、全部広東語のラップというのも面白いし聴いてみたいけど、やっぱ英語でのフル・アルバムも出して欲しいので、その辺りについては今後突っ込んで聞いてみたいなあと(もちろん返事がもらえる可能性は低いですが:笑)。

物凄く長いので、Jinファンの方だけ以下からどうぞ~。


[続きを読む...]

TOP
Jin & Leehom共演のいきさつ
また「金曲奨」ネタを引きずりますが・・・(笑)。

Catch.jpg今回、アワードのリハーサル動画などをアップすることが出来たのは、ビデオを撮影してくれたCarl Choiという人物のおかげです。

下のFar East Movementの記事にも書きましたが、彼はJinのアジアツアーに必ず同行する人。Jinには黒人のマネージャーが別にいるのですが、Carlはいわば「Jinのアジア圏での活動をサポートする人物」という感じ。それだけアジアとのコネクションを持っているのでしょう。

彼のLiveDigital(重いので注意)に、今回の「Jin金曲奨参加までのいきさつ」が日記として書かれていました。

要約してみたいと思います。

先週、夜遅くに友達の(!)王力宏(ワン・リーホン)から電話がかかってきた。
週末に台湾で行われるアワードのオープニング・アクトで、Jinと一緒にパフォーマンスできないか?という打診だった。
僕達はいつも「冒険」が大好きだから、水曜日にはパッキングして、台湾へと向かった。その時点では、何が起こるかわからなかったけど、実はこの旅は、想像以上に大きな経験となった。

金曜日に台湾に到着してホテルにチェックイン。
我々の滞在に気を使ってくれたリーホンとソニーには、本当に感謝している。

次の日、アワード会場に向かったのだが、その規模の大きさには驚いた。そこまで大きな賞だとは思っていなかったんだ(笑)。
後日、テレビを見た母親から電話が来たよ。
(*Carlのご両親は台湾在住??)

いちばん可笑しかったのが、僕たちはリーホンから、彼自身が賞にノミネートされていることを、全く知らされてなかったということ(笑)。ただ、オープニング・アクトでパフォーマンスするだけだと思ってたんだ。

それが何と、ノミネートどころか、リーホンは「最優秀男性アーティスト賞」を受賞してしまった! クレイジーなくらい驚いたよ。その夜はとにかく楽しい夜になった。

賞の楽しさはそれだけじゃない。
スーパースターのJacky Cheung(注:張学友(ジャッキー・チュン)=香港四天王の一人。俳優で歌手)に会えてしまったんだ!!(笑) Jinや僕の世代の中国人にとって、ジャッキーやチャウ・シンチーというのは、物凄いアイドルだよ。写真まで撮ってしまった。
A-Mei(張恵妹(アーメイ)=台湾の有名歌手)とも!!

賞の打ち上げパーティーでは、当然Jinはフリー・スタイルを披露することになった。リーホンと一緒にステージに上がって、盛り上がったよ。



というわけで、ジャッキー・チュンとの写真がこちら。
そういえば、リンチェイの映画にも出てた人ですね!

20060615150852.jpg



こちらがアーメイと。

20060615150953.jpg



TOP
A Message from Jin & 金曲奨動画追加
JinMy Spaceに、

「金曲奨(Golden Melody Awards)をネットで見ましたが、Jinが登場したときは、嬉しくて泣きそうになりました。リーホンとの素晴らしいパフォーマンスでした!」

というコメントしたところ、お返事をいただきました。

今回は、特に返事を期待していたわけではないのに、コメント返しではなく「メッセージ」でいただいたことが、とっても嬉しかったです。タイムリーな話題だったので、掲載しちゃいます(^^)。

Jin-Message.gif

i was super excited..! haha.
had a great time at the show as well.


ということで、Jin自身も、すごく興奮してたみたいですねー!!

実は一週間くらい前に「もうちょっと痩せたら?」という意地悪なメッセージ(というか、あまりに太ってたのでショックだったから;;)を送ったのですが、それは根に持ってなかったようで良かった(^^;)。

で、動画も追加です。

ショウの前のJinとリーホン。
(この衣装のリーホン、色男ぶりが際立ってますね!)


ショウの後、楽屋でのふたり。


打ち上げの様子。





で、今日はこの人からも・・・。
久々だったのですが、私の娘の写真を気に入ってくれたみたいです。
Jinのアルバムを持たせて撮った写真なんですが・・・(笑)。

T-Hussle-Message.gif



Tony Hussle、この少し前に「アルバム製作は最終段階」と言っていたので、そろそろ終わった頃かもしれません。
いつリリースになるのでしょう?楽しみです。

一日に、2人のアーティストからメッセージをいただいたのは初めてだったので、何だか興奮してしまった日でした(笑)。

TOP
第17屆金曲獎 王力宏 feat. 欧阳靖 "金曲英雄"
左からJin、リーホン、Carl Choi、リーカイ(リーホン弟)。

20060612135329.jpg

20060612135348.jpg


ようやくありました。フル・パフォーマンス動画。

それと・・・リーホンが最佳國語男演唱人獎を受賞です!!
おめでとうございます! そしてJinと共演してくれてホントにありがとー!!

ではでは、改めましてふたりの感動のパフォーマンスです。
またJin登場シーンで泣きそうになってしまいました(^^;)。

Wang Leehom feat. Jin「金曲英雄」



楽屋での様子。



舞台裏から取ったパフォーマンスの様子。


以下、リハーサルの様子なども、動画でアップされてました。
リーホン・ファンも必見でございます。

長くなりますので、以下からどうぞ。

[続きを読む...]

TOP
王力宏 feat. Jin in 台湾金曲奨、ネットで生中継!!
【追記】
大事なことを書き忘れました。
台湾と日本には1時間の時差があります。
よって、授賞式スタートは、日本時間では午後8時からとなります。

t_24.gif

またまた王力宏ファンの方から、貴重な情報をいただきました!!!
下の記事に書いたように、台湾金曲奨Jinが出演することになりましたが、これがなんと、ネットでもリアルタイムで見れるそうです!!

uroさん、情報ありがとうございます!
リーホンのファンの皆様に助けられ、こうやって情報がもらえるのは本当にありがたいです。

以下がネットでの視聴方法です。(会員登録が必要)

まずはim.tv數位電視3にアクセス。
トップから電視(TV)に入ってください。

そこから「東風衛視台」へ。ここが、金曲奨が放送されるテレビ局です。
そこで、「請先登入会員」というメッセージが出てくるのでOKを押します。
次の画面で「加入会員」をクリック。そうすると登録画面が現れます。
全て中国語ですが、何とかなると思います。漢字ですから(笑)。

わからなければ、エキサイト翻訳を利用する手もあります。

回線の状態は、そのときによって違うようで、ブツブツ途切れたり、音だけ聞こえて画面が動かない場合もあります。今現在は、快調みたい。

す、凄い。中国語の番組が、綺麗な画面で見れる!!
わかんないけど、なんか嬉しい(笑)。

明日の放送時間には調子が良いことを祈りつつ。。。

「どうしても、生でリーホンとJinの晴れ舞台を見てみたい!」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

明日の放送スケジュールはこちら

1730 第17屆金曲獎星光大道(LIVE)
1900 第17屆金曲獎頒獎典禮  
2200 金曲幕後特別報導 (LIVE)
2300 第17屆金曲獎頒獎典禮 (重)
0030 第17屆金曲獎頒獎典禮 (重)
0330 金曲幕後特別報導 (重)


↑17:30からの「星光大道」は、レッドカーペット生中継だそうです。
で、19:00からの頒獎典禮が授賞式。リーホンとJinは、ここのオープニング・アクトで登場します。
(重)は再放送とのことで、23:00からチェックする手も。

uroさん、またまた教えてくれてありがとー!!
っていうか、中国語マジで習いたーい(笑)。

感謝の気持ちをこめて、ワン・リーホンの写真など貼っちゃいます♪
色男だねー!!

Leehom.jpg


TOP
Jin @ Golden Melody Awards in Taiwan
20060608134928.jpg我らがJinクン、とうとうアジアの大きなステージに立つことになりました(涙)。

台湾の音楽賞「台湾金曲奨」(Golden Melody Awards)授賞式のオープニング・アクトにて、王力宏(ワン・リーホン)と一緒にパフォーマンスするそうです!

もちろん歌うのは、共演曲の"Heroes of Earth"(蓋世英雄)。

LUKAさん、情報ありがとうございます。多謝!!!!

20060608125121.jpg


リーホン自身が、「最優秀男性歌手部門」にノミネートされているそうです。このアワード、実は私も初めて知ったんですが、日本の「レコード大賞」に匹敵するような大きな音楽祭だそうで。

当然、台湾・中国全土でテレビ放映されます。(・・・というか、スカパーの楽々チャイナというチャンネルに加入していれば、日本でも生放送で見れるらしいし!!)。しかもオープニングですから、注目度も満点!
アジア全体にアピールする最高のチャンスだと思いますよ~。

リーホン、ありがとう!!

第17回金曲奨授賞式は、6月10日(土曜)、台北小巨蛋(台北ミニドーム)で行われるそうです。テレビ放送後、どこかに動画がアップされると思うので、楽しみにしたいと思います(^^)。


それまではPVでも見て楽しみます♪

Wang Leehom feat. Jin "蓋世英雄"
(Gai Shi Ying Xiong/Heroes of the Earth)




【余談】
ここ数年、この音楽賞の常連だったのが、周杰倫(ジェイ・チョウ)だそうです。ところが、今年だけは残念ながらノミネートされていないとのこと。
もしジェイも登場するなら・・・バックスクリーンにジェット・リーの映像などを映しつつ「霍元甲」を歌う・・・もしくは賞のプレゼンターがリンチェイだったら・・・などと妄想してしまいました(笑)。Jinとリンチェイが同じステージに立つと想像すると・・・私にとってこれほど豪華なシチュエーションはない!っていうくらい興奮したと思います。夢の共演、いつかどこかで実現しないかなあ(笑)。



TOP
Jin The Emcee Q&A
写真は王力宏(ワン・リーホン)&Jin The Emcee。
(双方にとって、ベスト・ショットじゃないですね:笑)

20060601121130.jpg


Jinがまた大ファン・サービス大会をやってくれましたよん。(@ My Space
もともと、ファンのページにコメントしてくれたりと、サービス精神は旺盛な人ですが、今回は大盤振る舞いじゃないかな。

題して
『何でもボクに質問して!適当に選んで答えるから』企画!

もちろん、私も質問して回答もらいましたよー。
ジン君って、暇な時にネット上でファンと遊ぶのが好きなんですね(笑)。
サービスにもなるし暇つぶしにもなるし、一石二鳥のプロモ活動。
やっぱ賢いです。


ってことで、私も適当にピックアップして訳して載せちゃおうかと。

まずは私の質問から。

Q1:どこかのメジャー・レーベルに戻る準備はできてる?
Q2:(マイスペの名前がit's all began on the 4th day of june...になっていたので)6月4日に、新しいアルバムをリリースするの?

Jinの回答
A:6月4日はリリース日ではないよ。ボクの誕生日。

・・・いや、それは知ってるんですけどね(笑)。
最近になってサイトのリニューアル中だし、24歳の誕生日を記念して、その日にリリースしちゃうのかなーと。
で、思いっきり最初の質問はスルーされました(笑)。


個人的に「旬」だと思った質問はこれ。

Q:アメリカン・アイドル見てる?このシーズンで、誰に勝って欲しいと思ってた?
A:テイラーを初日に見たときに、この人が勝つって思ったね。

マジっすか(笑)。そこまでは予想できなかったなあ。


あとはランダムに。
めっちゃ長くなりそうなので、ファンの方のみ読んでください~。



[続きを読む...]

TOP
Baby Jin (Jin's Mama)
追記
プレイヤーを付けると、ページが激重になるようなので、試聴リンクだけにしました。
(右クリック保存可)

Tupacの名曲"Dear Mama"の、Jinによるカバーです。

"Jin's Mama" (circa '04)


昨日は母の日でしたねー。
私は娘から、ピアスを2個もらいました♪(嬉)

ところで、アメリカでも同じ日が母の日なんですね!
今回初めて知りました。
ってことで、Jinが、My Spaceに赤ちゃんの頃の写真をアップしていたので掲載します。

可愛いすぎ!新生児ラブ♪な私にはたまらない画像です。

Jin and Mom
20060515124239.jpg


ああ、抱っこしたいー

そして現在のJinクン。
今でもハグしたいですけど(笑)。
20060515124936.jpg


TOP
JINバトン
ありそうもなかったので、勝手に考えました(笑)。
Jin バトンです。
広がるかなあ、これ(^^;)。

20060430013804.jpg




1.Jinファンになったきっかけは?
MTVでLearn Chinese(か、Senorita)のビデオを見たときに、「え!アジア人?誰この人?」と思いました。
そこから興味が沸き、今に至ります。

2.好きな曲を挙げてください。
<1st> Learn Chinese、Senorita、Cold Outside feat.Lyfe
<2nd> Properganda、Top 5、My First Time

3.Jinの魅力は
・めちゃくちゃ滑舌の良いタイトなラップ
・ライミングのうまさ
・飾らない人柄と頭の良さ
・メジャー・デビューしてもバトルに参加する精神

4.Jinの公式サイト、My Space、Live Digitalはチェックしてる?
当然。そのためにマイスペとライブデジタルに参加しました。
メーリング・リストにも入ってます。

5.Jinファンとして、自慢できる話、グッズ、レアな音源などあったら挙げてください。
グッズとかはなし。サインももらってないし、ライブにも行ってません。
Mix CDもまだ持ってないのがあるし(汗)。

自慢というか、自己満足な話ですが・・・

★私の娘が彼のCDを持った写真を送ったところ、気に入ってくれてメッセージのお返事をもらったこと。

★最近Live Digitalの方にもコメントをもらいました。っていうか、「コメントくれ!」って催促したからなんだけど(笑)。

★彼のFeatured Connection(特別なオトモダチ)の中に入れてもらってます

6.Jinと絡んで欲しいアーティストやプロデューサーは?
プロデューサーとしてはNeptunes、Timbalandの音は合ってると思います。アーティストは、彼自身がオールド好きを公言してるので、その辺りのラッパーと絡んだら面白いなーと。

7.今後、再度メジャーでデビューする可能性はあると思いますか?
なくはないけど。
彼自身が、全てを自分でコントロールできる今の状況を気に入ってるみたいなので、別にインディーでもOK。

8.Jinに望むことは?
日本でライブやっとくれ。
今後もネット・オタクでいておくれ。

9.最後にひとこと
キャラ込みで彼のラップがマジで好き。

10.次にバトンを回す人は?
ミクシイでもブログでもOKってことで。

オザポンさん
ko-sukeさん
毛が三本さん
Akiさん


TOP
Jin the Emcee @ Live Digital
更新が滞るかも・・・と書きながら、今は暇なので早速アップしてしまいます(笑)。
Jin情報あれこれです。

20060318224838.jpg



【Live Digital】

ネットオタクのJinクンが、新しく情報発信する媒体を見つけたようです。
My Spaceの方も更新されていますが、これからはこっちに重点を置くような気配。

http://jintheemcee.livedigital.com/


SNSとしての機能はもちろん、動画や音声ファイルなども気軽にアップできるようで、本人はえらくお気に入りの様子です。
ちょっと見たところ、画像のクオリティーはイマイチかと思いますが(笑)。

でも、彼が行くところはチェックしないといけないので、私もサインアップしようかと思っています。


【新作リリース情報】

"A Bunch of Songs and Some Freestyles"
5月中にリリースされる『EP』がこちら。
アルバム要素半分、ミックステープ要素半分の内容だそうです。

"FYI"
これが、新しい『アルバム』のタイトルで、先日お伝えしたシングルと同名の3rd Albumとなるようです。現在製作中で、リリース日は未定。
どこのレーベルになるのか?という質問を多く受けるそうですが、恐らくCraftyPlugz(Jinが立ち上げたインディー・レーベル)からのリリースになるようです。


【バスケット・ゲームに登場】

新作のバスケ・ゲームNBA Ballers Phenomに、Jin君とラップ・バトルできる機能があるみたいです。

20060318225220.jpg


20060318225258.jpg



画像はあんまり似てませんが・・・(笑)。
どうやってバトルするのかも、ゲームに疎い私には謎です。

でも、バスケとHipHopって接点ありますもんね。
映像を見てるだけでも楽しそうだし、音楽も良さそうです。
日本ではリリースされるのでしょうか。


【動画】

JinのマネージャーであるKamel(Black)との出会いを語っています。

JIN on how he met Kamel

内容を要約すると、ある日、New Yorkの街角でバトルしているJinをKamelが発見。黒人やプエルトリカンに混ざってのバトルだったのですが、Jinの番になると「わーお、こりゃ凄いぜ」とKamelが感心して、Jinに感想を言います。「じゃ、CDを買う?」とJinに言われたものの、Kamelは「それはいらない」と断って帰宅。しかし、家に帰ってJinのことを思い巡らせていたKamelは、「やっぱ、なんて凄いヤツなんだ!」と、翌日同じ場所にJinを探しにいきました。そこにJinはいなかったので、「あの中国人の男はどこに行った?」と付近の人に聞いて回り、見つけたということです。


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。