Tha House of Rhyme'n Flow II
Black Music、Movies, American Idol & Jet Li
プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
HipHopとR&Bを愛する二児の母。
たまに映画レビューなんかも。

アリーヤ目当てで「ロミオ・マスト・ダイ」を見たのになぜかジェット・リーにハマり、激萌え継続中。HipHopとKungFuはどこか似てる。

ブログの説明と自己紹介はこちら

***American Idolは、Fox Japanで見ています。アメリカで見ている方の結果ネタバレ等はご遠慮願います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Jason Lewis a.k.a. Absolut Hunk
久々の白人萌え(笑)。

Sex and the Cityシーズン6にて、Jerry "Smith" Jerrod(サマンサのボーイフレンド)を演じた俳優さんです。名前はJason Lewis

jason_lewis_heman.jpg



やたらと色男だなあ・・・と思ったら、やはりモデル出身。
1971年カリフォルニア州生まれ。Guess?やTommy Hilfigerなどのモデルを歴任。パリとミラノで活躍したそうです。

いちばん好きな写真は、「続き」の下に収納いたしましょう(笑)。


20070518133804.jpg・・・とか言いながら、ようやくシーズン6に登場したBlair Underwoodにまたベタ惚れしてしまってるわけですが。
Dr. Robert Leedsが登場した時は、歓声あげそうになりました!!
本当に素敵だよねー。彼の魅力は写真だけではとても伝わらないと思うんですが、とにかく良い役者!!演技が最高です。
それに、あの目でまっすぐ見つめらて、あのSexyな声で話しかけられた日には・・・ふだんBlackに興味ない方でも惚れちゃうんじゃない??

ってことで、インタビュー番組の映像です。
ブレアも話してるよ!!
(スティーブがすんげーオジサンに見えるのはなぜ??)

Let's Talk About Sex and the City on TBS




[続きを読む...]

スポンサーサイト
TOP
横浜の物語
以前、こちらの記事(後半にネタバレが含まれます)でご紹介した映画が、DVDになっていました。

「横浜の戦後史」にご興味ある方はぜひ、見てみてください。
レンタルにもあるかも。

ヨコハマメリー ヨコハマメリー
永登元次郎 (2007/02/14)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る



合わせてお勧めなのがこの本。
↑の映画にも、著者の松葉さんが登場して語ってます。
横浜に住んでいる・住んだことがある方、横浜の街が大好きな方、昭和の風俗史にちょっとでも興味のある方であれば、とっても楽しめる本だと思います!

聞き書き 横浜物語―Yokohama Story 1945‐1965 聞き書き 横浜物語―Yokohama Story 1945‐1965
松葉 好市、小田 豊二 他 (2003/09)
ホーム社

この商品の詳細を見る


横浜の遊郭街、GIパンパン、中華街、美空ひばりさんの家族のことなど、興味深いエピソードがいっぱいです。

TOP
映画 「Pride」
先週末、アメリカで公開された映画のご紹介です。

フィラデルフィアに実在した水泳部コーチ・Jim Ellisの話を基に作られたスポーツドラマ。
出演は、Terrence HowardBernie Mac他。

映画「Pride」公式サイト(英語)

pride_posterbig.jpg


この映画を取り上げようと思ったのは、My SpaceにてKirk Franklinが熱心に紹介していたから。

以下、彼の言葉の要約です。

私の経験上、強い道徳的なメッセージを持つ映画というのは、どうも出来が悪かったり、つまらないことが多いようだ。たとえ出来が良い場合でも、その映画には品のない言葉が溢れていて、人種差別的な側面を強調し、我々が不愉快な存在として取り上げられている。残念ながら、自分達の立場を犠牲にする形でしか、自分達を表現できていないのだ。

しかし、新作映画「Pride」は違う。
1970年代、黒人教師のJim Ellisがフィラデルフィア近郊の問題児達を集め、アフリカンアメリカンの水泳チームを作った話に基づいている。
自分自身と自分の能力を信じ、勇気を持って夢に向かっていく彼らの姿は、ポジティブなメッセージと感動を与えてくれている。

このように黒人を描いた映画が少ないのは残念なことだが、ただ不満を言っていても仕方がない。「Pride」のような映画を支持し、ハリウッドにメッセージを送り続けることなら、我々でも出来る。道徳的でありながら、エンターテイメント性のある作品を待っている観客がいることを、映画投票などの形で伝えることが出来るのだ。

ぜひ、友人や家族と、この映画を見に行って欲しい。
夢を持つことや、人生を変えるための行動力は、「自分自身」の中にあるのだということを、ぜひ覚えていて欲しい。


ということです。

素晴らしい映画みたいですね!
こちらが予告編。

Pride Trailer



メッセージ性もさることながら・・・私個人としては「水泳部」ということが嬉しかったり(笑)。
Ladies、You'd better watch these brothers in swim trunks!!

20070322131617.jpg


テレンスの海パン(死語?)にも萌え♪

20070322131843.jpg


おーっと。道徳的な映画でした(^^;)。
と言っても、教会で説教を聞くよりも、楽しく映画を見ながら感動できる方がいいもんね。

サントラもご機嫌な内容みたい。
The O'Jaysやアレサなどなど、70年代フレーバーでいっぱい。

日本で公開されるでしょうか??ぜひ見てみたい映画です。
あ、そうだ。。。
水泳という分野に、もっと黒人選手が進出したら・・・ワールドレコードが次々に塗り替えられるような気がするのですが、どうかな??

TOP
DreamGirls
dreamgirls-poster2.jpg行ってまいりました~!
超話題作「ドリームガールズ」。

今回もネタバレはなしで。

実は、どういう話か全く知らなかったんですけど、案外ストーリーが良かったなあと。
そして前評判通り、Jennifer Hudsonのパワフルな歌声には、胸を打たれました。

出演者も豪華、衣装やセット、音楽も豪華絢爛。
素晴らしい映画だったと思います(^_^)。
アカデミーの作品賞にノミネートされてないのが不思議。

Beyonceは文句なく美しいしねえ・・・。うっとり。

"And I'm Telling You"、"I Am Changing"といった超有名な歌も、歌詞と状況がリンクして、ようやくちゃんと理解できたのが良かった。

私がいちばん興奮したのは、最初のこの歌。
モータウン!な雰囲気が最高♪ 




そして個人的に・・・Eddie Murphyに萌え!!
こういうダメダメな男の役柄って、けっこう好きなんですよねー(笑)。

20070221124835.jpg


今年で46歳ということですが、全く年齢を感じさせない歌とダンスが素敵だったなあ。
不勉強で申し訳ないのですが、エディーが「歌える」こと、実は知りませんでした。
改めて多才ぶりに惚れちゃいました(*^_^*)。

ホントに彼が歌ってるんだよね?
すごい色っぽい声なんですけど!!
ラップも最高。

Eddie Murphy "I Meant You No Harm"/"Jimmy's Rap"


こちら↓の歌もカッコいい~!エディー、やっぱ凄いわ。
ドリーメッツのコーラスも、「ウー!」って入っただけで、超ゴージャス。ホントに、こんな風に歌えるって気持ちいいだろうなあ。

Eddie Murphy "Fake Your Way to the Top"



TOP
Pursuit of Happyness
pursuit-happyness-poster.jpg映画「幸せのちから」、見に行ってまいりました。

ネタバレはしません。

過剰な演出や派手なアクションを見慣れた私には、ある意味「地味な映画」でした。
でも、じんわりと感動します。
普通に暮らせていることが、どんなに有難いことなのかを実感しますね。

いい映画です。ぜひ、見てみてください。

最後に流れる、Sealの歌もいいなあ。

"A Father's Way"の試聴はこちらからどうぞ。

ちなみにこの映画は実話です。
原作者で主人公のモデルとなったChritopher Gardnerさんの公式サイトはこちら

原作も読んでみたいかも。

The Pursuit of Happyness The Pursuit of Happyness
Chris Gardner、Quincy Troupe 他 (2006/11)
Amistad Pr

この商品の詳細を見る

TOP
映画 「理由」 & Blair Underwood
原題は"Just Cause"なのですが・・・何とも芸のない邦題ですね(笑)。
普段なら、レンタル店に置いてあっても、わざわざ手に取ることもない映画でしょう。特に、ショーン・コネリーのファンでもないし。

ただ、Laurence Fishburneが出ているというので興味が沸き、オンデマンドTVで見てみたのですが・・・これが意外と面白かった!

理由 理由
ショーン・コネリー (2006/08/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


【概要】
製作総指揮と主演にショーン・コネリー。
ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリスら個性派俳優が脇を固める。
観る者を次々と裏切り続けるショッキング・サイコ・スリラー。

laurence_fishburne2.jpg


【感想】
ショーン・コネリーのファンではないと書きましたが、やっぱ彼の演技には引き込まれちゃいますねえ。この映画の時点で66歳くらいだったと思うけど、本当に渋いおっさん代表。
ローレンスとの掛け合いを見ると、二人とも「役者だなあ」とつくづく思います。

無実の罪を訴える黒人の青年を中心に話が進むので、「南部の人種差別」も絡んで来ます。
エド・ハリスの狂気的な演技も迫力あったし、後半でのどんでん返しにもドキドキするし、まさに「サイコ・スリラー」という感じで、期待以上に良かった~。

あ、特記事項としては、少女の頃のスカーレット・ヨハンセンも出てきますよー。子役出身だったんですね、彼女。私としては、今よりこの頃の方が綺麗だと思いました(笑)。

20070205140618.jpgで、私がわざわざこの映画をブログで取り上げたのには、それこそ「理由」があります。
それは、この俳優さんがめちゃくちゃキュートだったから
残念ながら、この映画出演時の写真は見つかりませんでしたが。

彼の名前は、Blair Underwood
1964年生まれなので、今年43歳。
ワシントン州出身、テレビドラマを中心に活躍する俳優さんですが・・・とにかく激・ハンサム!!

この映画の中で「奨学金をもらってコーネル大学に進んだ黒人エリート(後に殺人の罪で服役)」という役柄を演じているせいもあって、知的だし、そりゃあもう、カッコ良いです。

プライベートでは、奥さんと三人のお子さんを大事にするマイホーム・パパとのことで、見つかる写真はファミリー・ショットばかり(笑)。

20070205141425.jpg


めっちゃ幸せそう。子どもも可愛いし(*^_^*)。

これまでの代表作品はこちら。

1996年 セット・イット・オフ

そう、ジェイダとデートしてたこの人!!

20070206133555.jpg


1998年 ディープ・インパクト (有名なのにまだ見てなかった。)
2000年 英雄の条件 (これもチェックしなくちゃ)
2002年 フル・フロンタル (恐ろしくつまらないらしいけど:笑)
2003年 Malibu's Most Wanted (日本語化されてないけど、Taye Diggsも出てる模様)

そしてSex and the Cityにも、5つのエピソードで登場してるとのこと。Dr. Robert Leeds役だって。私が見た中にはまだ出てきてないので、シーズン3以降かな。楽しみ~!!

こちらは、彼の出演シーンをいろいろつなげたビデオ。

Blair Underwood


You Tubeのコメントに、「彼は役者としても素晴らしいし、ルックスも申し分ないので、もっとハリウッドのリーディング・スターになってもいいんじゃないか」・・・という意見がありました。
ホントにそうだと思う!!
今後、要チェックの俳優さんです(*^_^*)。



TOP
Sexy Guys Catalog
keiちゃんからのリクエスト及び自分の趣味で、色男カーニバル開催~(笑)。
もう何度も載せた人ばかりですが、『自分的永久保存版』ってことで、まとめです

*あ、男子の皆さん!
綺麗な女の子も大好きなので、そのうち美女特集もやろうかと考えてます♪


File No.1 Will Smith

まずは定番。ウィル・スミス。「ミスター・パーフェクト」なのさ。

20070124005823.jpg


たとえ、裏の彼にダーティな部分があったとしても、それさえも萌え要因になりそうな予感(笑)。
一度でいいから、妻Jadaの立場になってみたいものですヽ(^o^)丿。

20070124010148.jpg右の写真は、新作映画「幸せのちから」からのワンショット。

映画公式サイト(日本語)

実の息子、Jaden Smith君がめちゃくちゃキュートです。ウィルの目線もそのまんまお父さんで、予告編だけで泣けます。この映画は絶対見たいなあーと思っています。



File No.2 Jet Li

本物の中国武術チャンピオン、リー・リンチェイ。
強靭な体と精神力を持ち、思慮深く真面目な彼。
20070124084930.jpg20070124084947.jpg

キスシーンさえ演じないお堅いキャラですが、彼のしなやかな武術を見てるだけで、うっとり。
ジャッキーやブルースも大好きなのですが、圧倒的な「動きの美しさ」という点で、ジェットの武術がいちばん好きなのです。

映画の中では、ワイヤーやCGを多用しておりますが、何も使っていない彼の演舞映像を。芸術です!

Jet Li Wushu(ブレイクダンスのような動きに注目)



File No.3Tyrese

モデル出身シンガー、タイリース。
最近、暴行事件を起こしちゃってかなり株が下がりましたが(>_<)。
ボディーナンバーワンには変わりないので掲載。

20070124082359.jpg

目と耳の保養ってことで。
私のPCには、彼の写真がたくさん保存されております(^^;)。




20070124092139.jpgFile No.4 Pharrell Williams

今まで挙げた人達に比べると、若干「小僧」な感じはしますが(笑)。
それでも大好きなファレル君。

エロい顔つきも好きだし、ファルセットで歌う声もGood。もちろん、プロデューサーとしての才能や、お洒落度も。
ただ、彼の歌や彼が作った曲を一日中聴いていたいか?というと、そうでもなくて(^^;)。

好きなビデオはこの二つ。彼は、自分のカッコ良さとSexyさを良く知ってますよね。やっぱ、そういうのって天性のモノかも。

Frontin feat. Jay-Z
Number One feat. Kanye West




File No.5Taye Diggs
20070124093243.jpg
最近、私の中で急上昇のタイ・ディグス。
映画「ブラウン・シュガー」に出てた俳優さんです。
何が好きって、チョコレート色の肌とチャーミングな笑顔。

「RENT/レント」を見るまでは、「ミュージカル出身」ということさえ知りませんでした。この舞台と映画で共演したイディーナ・メンデルさんと2003年に結婚したそうです。

下のインビュー映像は必見!!
とっても感じの良いナイス・ガイです。
なんと「東京ディズニーランドで働いてた」というトリビアを披露し、日本語もほんの少し話してますよ。

「セバスチャンのカリビアン・カーニバル」というショーで、腕にバナナをたくさん吊り下げて踊っていたそうな。

私、このショーを実際に何度か見てます。
ということは!「生タイ・ディッグス」を目撃してるってことじゃん。当時知らなかったとはいえ・・・ちょっと興奮(笑)。

Taye Diggs on Jimmy Kimmel Live




そこで働いていた人の中で、彼は「唯一の黒人」だったそうで、日本人のお客さんに何度も「マイケル・ジョーダンと間違えられた」と笑いながら話してます。

「あり得ない。僕は背が小さいのに、黒人で坊主頭だからってジョーダンに間違うなんてさ(笑)。そりゃ、ジョーダンになりたかったよ。そうだったらいいのにとは思うけど(笑)」。

確かに。でも、ジョーダンもカッコ良いけど、タイも本当に素敵♪



***************************************************



[続きを読む...]

TOP
映画 「Rent/レント」
嗚呼。もっと早く見れば良かった。
感動の嵐です。最高です!!
ミュージカルが苦手な人でも、これは入り込めるんじゃないかな。

レント デラックス・コレクターズ・エディション レント デラックス・コレクターズ・エディション
ロザリオ・ドーソン (2006/10/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る



もう、冒頭の歌に感動しました。素晴らしい!!
このビデオ見て、また鳥肌。そして涙。

"Seasons of Love" from the movie "Rent"



【概要】
未来も過去もない。僕らはこの一瞬を生きる。最期の瞬間まで・・・。
トニー賞&ピュリッツァー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカルを完全映画化。 初演時のオリジナルキャストが結集、より躍動的で魂を揺さぶる作品が完成した。N.Y.マンハッタンを舞台に、愛と成功を求めて必死に生きる若者たちのドラマ。

rent.jpg

【感想】
正直、この映画を「底辺を生きてるしょうもない人間たちのお話」なんて切り捨てちゃう人とは、お友達になれないような気がします(笑)。
彼らの人間臭さと優しさに共感できる人となら、文句なく握手を交わしたい!という気分♪

「HIV・同性愛・貧困」という重いテーマを歌で歌ってしまう。
白人はロック調で。黒人はソウルフルに。
そういう混在もまた面白かった(^_^)。

最近「セックス&ザ・シティ」にハマって見てるわけだけど、いつも思います。
「これは、白人のある程度成功した人達の物語だよなあ。」と。
キャリーやビッグは、マンハッタンのどこに住んでるんだろう??
きっとお洒落なエリアだよね。

rent2.jpg


一方、この物語は、「アベニューA」が舞台。
「アルファベット」で表記されるニューヨークの住所は危険・・というのは、誰でも聞いたことがあるんじゃないかと思います。
要するに、お金持ちとは無縁の地域。
「家賃(レント)」さえ払えない人達の物語です。

なんだかわかんないけど、めちゃくちゃ共感できました。

「NYで一人で生きていくのは寂しいけど、実家からの電話を受けるたびに、実家じゃなくてココで良かったと実感する」

という台詞とか。

すんごい、わかる。
実家とか「親」って、うるさいけど温かくて、常識に溢れていて。
そういうのから抜け出し、自分を表現したい!という気持ちで集まった面子なんだよね。

いいじゃん、ハミダシ者で。
繊細で優しい心を持っている限りは。
生活のために、身を削って働いてる限りは。
そう思えました(^_^)。

色男さんいらっしゃーい!な、めぐみ的特記事項は、もちろんTaye Diggs

この人、歌えたんですね?萌え度アップ。

rent3.jpg



TOP
Sex and the City
大変遅ればせながら、ハマってしまいました。
最高にツボなんですけど!!
あんな本音で話せる女友達がいたら、恋が上手くいかなくても、結婚してなくても、元気に生きていけそう♪

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1 セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1
サラ・ジェシカ・パーカー (2002/07/19)
CICビクター・ビデオ

この商品の詳細を見る



まだシーズン1を見終わったばかりなので、ネタバレはなしでお願いしますねー(^_^)。

私が好きなのは、サマンサ(写真左端)。
あんな風に、男の人みたいに軽く付き合えたら、どんなに楽だろう?
悩むことがなさそうで、羨ましい!
Wanna Fu**?という言葉だけで誘っちゃうなんて(笑)。
いちばん感情移入しやすいのは、やっぱ主人公でコラムライターのキャリー(写真右端)だけどね。

SATC.jpg

日本とは違うなあ・・・と思うのは、まだ好きな気持ちはあっても、「ここがダメ。違う。」と思ったら、さっさと別れてしまうこと。
たった一言のすれ違いで、The ENDなんて、随分あっさりしてるよね。
あっさりしていると言うより、ハッキリしてるのかな。
白黒の判断を早い段階でしてしまうんだよね。
だからこそ、展開が早くて面白いんだけど。

このドラマは、圧倒的に女性から支持されてると思うけど、男性の目から見たら、どうなんでしょ?
怖すぎ?
TOP
ロンゲスト・ヤード
相変わらず、映画三昧な日々で、もう全部はここに書ききれなくなっちゃいましたが・・・これは久々に大ヒット!だと思ったのでご紹介。

ロンゲスト・ヤード コレクターズ・エディション ロンゲスト・ヤード コレクターズ・エディション
アダム・サンドラー (2006/08/23)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


【概要】
NFLのトッププレイヤーだったポールは事件を起こし刑務所行きとなる。
そこで彼は囚人たちのアメフト・チームを作るよう命じられるが…。
1974年に公開された同名作品を、アダム・サンドラー主演でリメイクしたスポーツ・アクション。

【感想】
バート・レイノルズ主演で作られた映画のリメイク・・・だそうですが、古い方は見てません。
見どころとしては、Nelly、Chris Rock、ボブ・サップが出てるたりかな。

何と言っても、クリス・ロックが最高だと思う!
深夜に大爆笑してしまいました(笑)。
20061226134041.jpg


シリアスなスポ根モノかと思ったら、ほとんどコメディ。
もちろん、展開としては感動的なんだけどね。
このオカマちゃん達も可笑しかった。けっこう可愛いと思っちゃったし。
20061226134200.jpg


Nellyは悪くはなかったけど、特に彼じゃなくてもいいかな・・・くらいの雰囲気(笑)。
20061226135751.jpg


後半で、囚人の中のバスケ・チームの黒人達が、フットボール・チームの参戦に来たときは嬉しかった! クリス・ロックが「やっぱ頼りになるのはブラザーだよ!」みたいな台詞を言ってたけど、その通り!とか思っちゃったしね。

「囚人チームVS看守チーム」という設定も痛快だし、ユーモアも満載で楽しい作品。ただ、オリジナル作品の方が格段に評価が高いみたいなので、見てみないとね。
TOP
映画「青いドレスの女」
オンデマンドTVが我が家にやって来てから、とにかく映画を見まくってます。
今月になって、Denzel Washingtonの映画がひとつライブラリーに追加されたので、見てみました。

青いドレスの女 青いドレスの女
デンゼル・ワシントン (2006/07/14)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


【概要】
ウォルター・モズレイ原作の「ブルー・ドレスの女」を映画化したサスペンス。連続殺人事件に巻き込まれてしまった黒人探偵の活躍を描くハードボイルド活劇。デンゼル・ワシントン、ジェニファー・ビールスほか出演。

原題:Devil in a Blue Dress
制作:1995年

20061117152836.jpg



【感想】
ストーリー的には微妙かなあ?
デンゼルの映画にしては珍しく(?)B級感あるような気も・・・。
でも、一応サスペンス仕立てだし、ジャズやブルースといった音楽が、ノスタルジックな雰囲気を盛り上げているので、印象は悪くないんですけどね。私としては、デンゼルが出てるだけで見る価値はあるし(笑)。

20061117153322.jpg注目すべき点は、ジェニファー・ビールスが出てるところ!
あの「フラッシュダンス」の人。
それ以外の映画で見かけたことがなかったので、ちょっとビックリでした。

時代設定が1940年代ということで、仕方ないかもしれないけど、青いドレス姿がどうもイマイチだったなあ(^^;)。
同じ「時代モノ」でも、シャーリーズ・セロンとかは本当に綺麗だったんだけど、それに比べるとダサい感じ。美人なのに、なんだか勿体ない。

それと、今のデンゼルならほとんどやらないであろう、貴重な(?)ベッドシーンあり
(結婚してからはクリーンみたいですね。家族思いなデンゼル!)
「カモン、ベイベー」なデンゼルの表情が、女性ファンにはたまらないんじゃないかしらん(ええ、私はちょっと興奮しましたよ。)


でも、デンゼルと言えばいちばん好きなのは、やっぱこの映画ですけどねー。
女ったらしのミュージシャン役がめちゃくちゃハマって、そりゃあカッコ良かったなあ(*^_^*)。

Mo' Better Blues



TOP
【訂正あり】 Wesley Snipes
不正な所得申告をした疑いで逮捕の危機にあったWesley Snipesですが、どうやら逮捕は免れた模様。

20061110111024.jpg


これから、脱税分の1200万ドル(!!)を政府に返金するのだそうです。
さすがにローンでしょうね(^^;)。
ロナルド・アイズレーはどう思ってるんでしょうか?


さて、ウェズリーといえば、最近この映画を見ました。

アウト・オブ・タイム アウト・オブ・タイム
ウェズリー・スナイプス (2005/05/27)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


ごく最近の映画みたいですが、B級感バリバリ(笑)。
テンポが良いから普通に楽しめましたけど・・・なぜか彼って、こういうSFチックな作品に多く出演しますよね。
実はまだ「Blade」を見てないんですが、面白いのかな。

wesleysnipes.jpgウェズリーって、ルックスは物凄く良いし、個人的にはデンゼル・ワシントンよりもハンサムじゃないかとも思うんだけど・・・立ち位置は全然違いますよね。
オスカーも獲ってないし。
どっちかというと、アクション俳優のイメージなのかな。

「昔付き合っていたハル・ベリーを殴った」とか、「ブレイドの監督を脅してアクションシーンを増やすよう要求した」とか、あんまり良くない噂もありますよね(^^;)。
私としては、「New Jack City」や「Mo Better Blues」みたいなスタイリッシュな役どころを、もうちょっと演じて欲しいなあと。

今回、彼のバイオグラフィーなんかを見てて初めて知ったことがいくつかありました。

①奥さんは、韓国系画家のNikki Parkさん。
②空手黒帯。カポイエラも得意。
マイケル・ジャクソン「BAD」のビデオに出ていた。


③、知ってました???
ってことで、確認してみましょう。

【訂正】
最初、こちらに貼っていたビデオはショート・バージョンのMVでしたが、実際にウェズリーが出ているのは、「ロングバージョンのドラマ部分(前半と最後)」だそうです。失礼いたしました。
こちらです。

Michael Jackson "BAD"





TOP
Block Party
仙台でも上映決定。
日程はまだわからないけど、なんと自宅から徒歩3分のところにある映画館だよー。
嬉しい!!

日本語公式サイト

block-party.jpg


TOP
Charlize Theron
私は、色男が大好きだけど、同時に美しい女の人も大好き!!

最近2本の映画を見て、久々に、白人の女優さんの中でも最高峰に美しいと思ったのが、Charlize Theron(シャーリーズ・セロン)です。

20061102102637.jpg


ホントに、ため息が出るほどの美しさ(*^_^*)。

ご存知の通り、彼女は2003年主演の「モンスター」で、13キロの体重増加を行い、醜女メイクで実在の殺人鬼を熱演、見事アカデミー主演女優賞を獲得しました。

ずーっと気になってはいたんだけど、「猟奇的殺人事件」を描いたホラーチックな映画なのかと勘違いしてまして、見るのをためらってたんですよ(^^;)。
でも実際は、一人の女性の生き方を描いたラブ・ストーリー的な内容でした。


モンスター 通常版 モンスター 通常版
シャーリーズ・セロン (2005/05/28)
松竹

この商品の詳細を見る


殺人は許せない罪だけど、シャーリーズ演じるアイリーン・ウォーノス(実在の連続殺人犯・すでに死刑で亡くなっています)の切なさ、行き場のない気持ちなどは、理解できるような気がしました。

まあ、何と言ってもこのブサイクぶりが圧巻。上の写真と同一人物とは到底、思えません。

20061102104617.jpg


ホントに、見てて「汚い!」って思っちゃったもん(笑)。
行動も言動も下品で、ブヨブヨに太ってるし、「彼女」役の子とのレズ・シーンも、何ともおぞましい感じで。
だからこその「オスカー獲得」なんだろうなあ。



でも実際には美しい女優さんだと知っていたので、お口直しに(?)こちらの映画も見てみました。

トリコロールに燃えて スペシャル・エディション トリコロールに燃えて スペシャル・エディション
シャーリーズ・セロン (2005/04/20)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

第二次世界大戦前後のヨーロッパが舞台です。
正直、ストーリーはイマイチかな(^^;)。
そんなに感情移入できなかったし、邦題も意味不明。

でも、主演のシャーリーズとペネロペ・クルスの美人ぶりを見てるだけでも楽しい!
というか、それを見るための映画と割り切ってしまえば、1940年代の風景やファッションが楽しめる芸術作品とも言えるかも。

charlize_theron1.jpg


上記2作品に共通する点はこちら。

・シャーリーズがタバコを吸うシーンがある。
・レズ・シーンがある。
・ヌード・シーンがある。

そして、そのどれもが「モンスター」では汚いし、「トリコロール」では、物凄くエレガントで綺麗。
ひとりの女優さんがここまで変われるって、やっぱ凄いですねー。


ホントに大好きになってしまったので、後は彼女のプロフィールと、写真を掲載しちゃいます。




[続きを読む...]

TOP
映画 「ゴスペル」
音楽映画はどれも楽しいけど、やっぱ今の自分の「旬」はゴスペル。
ということで、タイトルもそのまんま「The Gospel」のレビューです。
(私はレンタルで映画を見ただけで、セルDVDのライブ盤の方は未見です。)

ゴスペル&ゴスペル・ライブ パック ゴスペル&ゴスペル・ライブ パック
ボリス・コッジョー (2006/10/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


【概要】
音楽監修はカーク・フランクリン。
ヨランダ・アダムス、フレッド・ハモンドが映画の中でライブを行い、ドニー・マクラーキンはキャストとして参加。ゴスペル界のスーパースター達が出演したことで話題になった映画。
ボリス・コドジョー演じるデイビッドは、母の死に際よりも牧師の仕事を優先した父が許せず家を飛び出し、その後R&B歌手として成功していた。しかし父が病床にいることを知り帰郷。父の教会を立て直すため彼は動き始める…。


とりあえず、予告編を見ていただければ、雰囲気がわかると思います。
ヨランダが歌う主題歌だけで、高揚しちゃいますよね。

The Gospel Trailer




主演は、モデル出身のイケメン俳優、Boris Kodjoe(ボリス・コドジョー)。

20061025235528.jpg


源九郎さんもこちらで書かれていますが、若干「平井堅」が入った男前。
ちゃんと歌も歌っているのだから、なかなか器用な人ですよね!!

idriselba.jpgでも、私の個人的な好みで言うと、フランクを演じたIdris Elbaの方に軍配。

役柄は、私利私欲に走る牧師さんで、主役と対立するイヤなヤツ・・という感じだったんですが・・・話す声がすごく素敵なの!! 残念ながら、彼は歌ってませんけどね。
あと、輪郭。自分自身がスクエアなので、すーっとした卵型の顔の人の方が好きなのかも(笑)。

2005年にEssence誌の"10 Hottest Men on the Planet"にも選ばれた実績を持つ、セクシーな俳優さん。

で、ボリスと並ぶと目立たないけど、彼も実は188センチの長身だそうで。
要するに、二人ともモデル体型なのですね。


忘れてはならないのが、ボリスの恋人役を演じたTamyra Gray
ヨランダやフレッドにも引けを取らないくらいの、素晴らしい歌声の持ち主。
2002年のアメリカン・アイドルのファイナリストで、プロデビューした人です。
ルックスも可愛いし、一気にファンになっちゃいました。

こちらが、アメリカン・アイドル出場時の映像。

Tamyra Gray "A House Is Not A Home"



やっぱ、いい声だわー。ちょっとハスキーなのがSexyだし。
それにしても・・・ランディが物凄いデブでショック(笑)。
サイモンも若いねー。
「ホイットニーやセリーヌ・ディオン級の素晴らしい歌だ」と誉めてますね。

2004年にアルバムが出てるようです。公式サイトで試聴可。

The Dreamer The Dreamer
Tamyra Gray (2004/05/25)
19 Recordings

この商品の詳細を見る



そういえば、映画の内容には全く触れてませんでした(笑)。
さほど深みのあるストーリーではないですが、さらっと楽しく見れる映画じゃないかな。
でも、教会の様子だとか地域との結びつき方、ゴスペルの重要性、みたいなものは描かれてるんじゃないでしょうか。
とりあえず、クワイヤ好きな人なら、絶対に見て損のない映画。
音楽だけでも十分!なくらいの豪華さです。
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。